忍者ブログ
    
 蓮沼



  ☆☆☆ ・ ・






麻雀牌を消していくゲーム。

操作はマウスクリック。隣り合う2つの牌が同じ種類(萬子、筒子、索子)の場合、それらをクリックすると1枚目が消えて、2枚目の牌が2つの数の合計の1の位になる。合計が10の場合は白に変わる。また違う種類で数字が同じ場合、その2種類と別の種類で同じ数の牌に変わる。東西南北は隣り合う牌を選択してそれを一緒に消去、白発中は別の牌(どの場所でもいい)をその位置に移動させる。このルールを使って最後に残った牌をなるべく少なくするのが目的。また「なぞハス」は出題が固定で全て消せばクリアとなる。

難易度は普通。何も考えずにやると大量に残ってしまうが、ReadMeにあるヒントを参考にしたりしてコツを掴めば全消しも狙えるようになるはず。消し方は割と特殊でじわじわと減らす感触はなかなか面白い。また全消し狙いの際の手応えもちょうど良い程度で、全ての麻雀牌を使いつつこのバランスを実現している点は素晴らしいね。ランダム生成の思考型パズルとしては比較的出来が良いんじゃないかと思う。

あとはなぞハスに関しては意外と理詰めが使いづらい印象でそれほど面白くは無かったかなぁ。ステージセレクトが無いのもイマイチでした。はい。普通のモードもハーフサイズとかがあってもよかったかも。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR


  ☆☆ ・ ・ ・






並べて列を作るゲーム。

操作はマウスクリックで、まず手番を決めてスタート。以降は交互に3×3×3の立体から立体マス(?)を1つ選んで塗っていく。縦横斜めのいずれかに3つ並ぶとその列が得点となり、全て塗り終わった時点で列の多い方が勝利。辺を揃えた場合は1列として計算される。

難易度は低めかな。敵はそれほど頭が良くないので、まぁ先手番なら適当にやってもそこそこ勝てそう。後手番だと相手のミスを待つような部分もあったか。この立体の中で列を多く揃えるというアイディアは面白く、1ゲームが短く手軽にプレイ出来るのも良いしマウスカーソルの移動による立体の回転がスムーズなのも2000年公開という点を踏まえるとすごいと思う。あとは敵の思考に3段階とかのレベルがあればもっとよかったかもね。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 deline




  ☆☆ ・ ・ ・








某テトリスっぽいゲーム。
 
まず上部メニューからスタートを選んで開始。操作は左右キーでブロックの移動、上下キーで左右に回転、スペースキーで下に移動、shiftキーで一気に落とす。ルールはいわゆる某テトリスで、横1列に揃えるとそれが消える。モードはエンドレスのみで上まで積み上がると終了。30ラインごとにレベルと落下速度が上がる他、同一レベル内でも消すにつれて速度が上がりレベルアップと同時にやや戻るような構成になっている。

難易度は普通。ホールドやTスピンボーナス等の無い本当にクラシカルなテトリスと言った感じで
、まぁ元が面白い分やはり楽しめるね。接地時の遊びもある程度確保されているし、レベルアップで一旦落ち着いて空白を処理したりできるのも良い。ただ一般のテトリス系ゲームと操作方法が違うためその辺でミスが結構出たのは不満かなぁ。やっぱり下キーで落としたくなるよ。ちなみに自分の最高は328列、24901点でした。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






数字を選んで合わせるゲーム。

操作は矢印キーで移動、zキーで決定、xキーでキャンセル。またゲーム中はx長押しでリトライ等一部特殊な操作もあったりする。周囲に8つ並んでいる数字から1つを選ぶとそれが中央の数字に加算される。中央の数字が右下のリストの数と一致すると+100点、ちょうど50になるとリストの達成数に応じて加点される。50以上になると中央の数字はゼロとなりリストも新しいものに変わる。クラシックは既定の時間内でのスコアを競い、タイムアタックではなるべく早い5000点達成が目標となる。

難易度は低い。自分がプレイした際は初見でいきなり神ランクでした。デザインの出来は比較的良好で全体的にゲームとして完成されているし、アクションエディターでこれだけのゲームが作れるというこの技術も素晴らしいと思うけど、ちょっとこれでは手応えが無いですかねぇ。周囲の数字が8つじゃなくて半分の4つとかならもう少しパズル的な楽しみが増えそうだが・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆☆☆ ・






ブロックを落として消すゲーム。

操作は矢印キーで移動、zで決定とブロックを落とす、xでキャンセルとブロックのせり上げ、スペースキーでポーズメニュー。ブロックを落として同じ色が3つ以上繋がるとそれが消える。このゲームの特徴は連鎖中にブロックを落とせる点で、これによって前もって組まなくても長い連鎖が可能になっている。ブロックが上までせり上がると徐々にHPが減り、これが無くなるとゲームオーバー。対戦モードでは相手のHPをゼロにして勝ち上がる感じになっている。

難易度は普通。このゲームはとにかくこの消せそうな場所を血眼になって探しつつ素早く落とすという作業が面白いね。頑張れば10連鎖ぐらいは普通に出るし、やっぱりこの手のゲームで長い連鎖が出来るってのはそれだけで楽しいよな~。また指の動きと頭の使い方のバランスがちょうどいい感じで、たまたまハマって強い敵を一気に粉砕したりするのも爽快。特にメインとなる勝ち抜きサバイバルは敵の強さの傾斜も上手く調整されていてハマるような魅力がありました。

この他にもモードは複数用意されていてやり込める要素もあるし、ゲームパッドを使っての対人戦なんかも面白そう。またデザインなども割と良好で、BGMとかを全て自作しているというのもすごいね。効果音に関しては音階の部分はまぁ消した際の感触としてはいいんだけど、相手と被った際にタイミングがわかりづらいのはやや不満だったかな。

ちなみに自分の最高は勝ち抜きが12勝、3分スコアアタックは108350点でした。一応対戦型のパズルゲームとしてはこのブログではこれが過去最高の評価ということになったのでね、おすすめしたいですね。はい。Youtubeには20連勝しているすごい動画もあったりするので上を目指すなら参考にするのもいいかも。


     人気ブログランキングへ

拍手[1回]




  ☆☆ ・ ・ ・






お菓子を繋げて消すゲーム。

操作はだいたい矢印キーで移動、エンターキーで決定と回転、zキーで回転、スペースキーでスキルの使用。まず使用キャラとスキルの内容とCPUの強さを選んで開始。ゲームの内容はいわゆる某ぷよぷよで、同じ種類のブロックを4つ繋げるとそれが消える。右から3列目に積み上がると負け。敵を4人とも倒せばたぶんクリア。連鎖をすると相手のフィールドにかぼちゃを落とすことが出来るほか、中央上部の六芒星(?)を消費してのスキル使用や表示されているお菓子を消すことでのトリックなんかもあったりする。

難易度は普通。最初から5色あるのと某ぷよぷよに比べると連鎖時の降る量が少なく、持久戦になりやすいという特徴はあるかな。スキルの振り方次第では割と攻撃的にも出来るけど、3~4連鎖でちまちま攻める程度だとなかなか決着がつかないと思う。まぁ元が面白いのと操作性や雰囲気が良いので十分楽しめるけど、バランス調整や追加要素に関してはちょっと微妙だったかなぁ。ちなみに自分はHARDはクリアしたけどVERY HARDは結局あきらめました。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆☆ ・ ・ ・








数字の並びを当てるゲーム。

操作はマウスクリックで、まずモードを選んで開始。下に並んでいる数字をドラッグして上の9つの場所に入れて確認を押すと、それぞれの横列に対して数字の場所が一致している個数が左に、数字のみ一致で場所が違う個数が右に表示される。これをヒントにして指定された列数を一致させればクリアとなる。

難易度は低め。基本的にはよくあるヒットアンドブローだけど、列を3つ用意しているというのは割と珍しくまぁそれなりに面白いとは思う。残り回数が15で固定というのはちょっと多すぎのでもっと難しい方向の要素とかも欲しかったかも。あとはクリア後におみくじが見れるんだけど、表示が「帰宅」と「次へ」で後者が正解というのは紛らわしい。普通は次へだと続けて次の問題だと思っちゃうよなぁ。ゲーム部分やグラフィックは悪くないだけにこの辺の詰めの甘さが惜しいわ。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆☆ ・ ・






数字をゼロにするゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたいマウスクリックで選択と決定、右クリックでポーズ。画面上に表示されたパネルをクリックするとそこから縦横の同じ列にあるパネルの数字が1減る。これを繰り返して右に表示されているBombの手数ぴったりに全てゼロにするのが目的で、正解するとすぐに次の問題が表示される。間違えるとLifeが1減ってマイナスになるとゲームオーバー。60問が終わればクリア。また内容によっては実績の☆が付き、その数によってStoryが解禁されたりする。

難易度は普通。まぁ最初は何も出来ずに終わるかもしれないけど、少しやり方に気づけば進めるようになってくるはず。このゲームはゼロのマスを減らすと5になるという仕様が面白いね。単に数字が大きくなるだけだと回数が増えても単調になりそうだけど、どのマスをプラス6とするかの推理が加わるため後半になるに従ってしっかり難しくなっている。もちろんこの点に関してもプレイするごとにパターンを覚えてステージ数を伸ばせるようになるわけだし、このアイディアは本当にすごいと思うわ。

あとはテンポが良いのも特徴で難しくなる後半まで比較的短時間で行けるというのも良い点だし、数字ごとの配色のデザインなんかも割と良く出来てると思う。実績に関してはまぁそれなりに機能していたとは思うけど、60問が終わってエンディングになっても実績次第で途中の話が見れないってのはちょっと微妙かなぁ。条件はもっと緩くしても良かった気はするし、エンディングの分岐を実績数にするという手もあったような。ちなみに自分はエンディングの1と2は見て、実績は得点が3つ、それ以外の7項目が4つの計31がベストでした。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆☆ ・ ・ ・









パイプを繋いで敷き詰めるゲーム。

操作はマウスで、まずピースの形状とレベルを決めてスタート。同じ色のピースをパイプが全て繋がるように並べて、且つ全てのピースをステージ内に敷き詰めるのが目的。ピースはマウスドラッグで動かすのが基本で、左クリックからのドラッグで一繋がりのピースをまとめて移動、右クリックからのドラッグでその1つだけを移動、この他にもいくつか移動させる方法があったりする。
 
難易度は普通。まず同じ色同士で繋げてから全体を見渡し、さらに同じ色の中で組み方を工夫するという、この段階を踏みながら解いていく感覚は面白く、この作者のゲームの中でも完成度は高い方なんじゃないかと思う。画像はReadMeにある勇者の殿堂云々の条件でプレイしたときのだけど、これも手ごたえがあって割と楽しめました。

あとはやはり、まぁ何度も言ってるけどランダムでは無く作者の用意した盤面でのプレイがしてみたかったねぇ。とにかくシステム自体は良く出来ているので、難易度別で計20問ぐらいあれば平凡な出来でも☆3程度に楽しめた思うんだが・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆☆ ・ ・ ・





果物を押して消すゲーム。

操作は矢印キーで移動、zキーを押しながら果物にぶつかるとそれを持ち上げて、離すと降ろす。また幅1マスの隙間に入りづらい場合はzキーで入れたりする。同じ果物は4つ繋げると消えて、ステージ内を歩き回ってなるべくたくさん消すのが目的なのかな。またステージをうろうろしているロボットかなんかにぶつかるとゲームオーバーとなる。

難易度は低め。敵はスピードが遅く、避けながら消して回るのは全然難しくないはず。自分の場合はゲームが終わらないので画像の5万点を超えた辺りでプレイを打ち切りました。まぁ4つ揃うところを探して消して回る感触は悪くないんだけどね、やはり目標や時間経過等による難易度の上昇は欲しかったところ。あとは時々すごい点が入ることがあったんだけどあれはなんだったんだろうなぁ。説明にある他の果物で得点アップというのもわかりづらいので具体的な例とかを載せてもらいたかったわ。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲーム、Flashゲームの感想と自作ゲーム制作日記のブログです。
ゲーム感想及び評価は完全に独断。最近は手当たり次第プレイして書いてる感じ。☆平均2.0ぐらい。
自作のほうはまぁFlash8でチマチマやってます。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 最新コメント 
[08/13 1717181]
[08/12 東方の名無しさん]
[04/19 1717181]
[04/18 シャム]
[01/15 1717181]
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
09 2017/10 11
S M T W T F S
13
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 アクセス解析 
 忍者アナライズ 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]