忍者ブログ
    



  ☆☆☆ ・ ・






村人を助けに行くRPG。

ウディタ製のゲームで操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー、cキーでダッシュ。戦闘はランダムエンカウントのCTBっぽい形式で、画像の通りウィンドウなどはかなり独特の構成になっている。またスキルは敵の攻撃を受けたりすると溜まるSPという値を消費して使ったりする。

難易度は低め。味方の技は割と強力なので苦戦する場面はあまり無かったかな。このゲームの特徴は戦闘中に行動順が表示されるシステムで、こういうのがあるゲームは何本かプレイしたけどいずれも安定して面白いね。CTBゲージの上位互換だと思うし、もっと普及してもらいたいわ。またこれに合わせて素早く行動できる技や敵を遅延させる技がある点も良いし、グラフィックも良好で女の子2人がしっかり可愛いのも素晴らしい。
 
それからネタバレだけどクリア後のおまけも面白かった。Read Meにある通り本編は30分程度でクリア出来てしまって物足りなさもあったんだけど、このおまけのおかげで☆3に届いたという感じもあったかな。このシステムを使った戦闘重視の長編RPGとかもプレイしてみたいけどな~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR


  ☆☆ ・ ・ ・





敵を避けて肉を食べるゲーム。

操作はマウスで、カーソルに従って自機が移動する。制限時間内に肉を全て取ればクリアとなりスコアが記録される。敵キャラに当たると3秒硬直、時間切れでゲームオーバー。またEscキーを押すと即終了となる。

難易度は普通。時間の制限が厳しく最初はクリアだけでも大変だけど、コツを掴むとクリアと共にスコアを伸ばせるようになってくるはず。コンボの適度な厳しさと残り時間によるボーナス等の数値設定の出来は良く、1プレイ30秒のミニゲーム的な規模ながら割と楽しめました。ランダム性もあって結構スコアを伸ばせる気にもなれるし、序盤でコンボが決まった際の緊張感なども良い。ちなみに自分の最高は21400点でしたー。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






野球で対戦するゲーム。
 
操作はマウスクリック。名前の通り野球ゲームで、自チームと7つの敵チームでリーグ戦を行い優勝したり個人タイトルを取るのが目的。試合は自動で進行し3回裏で終了、メンバーは野手8人は固定で守備の概念は無し、投手は2人を1試合ずつ交代で完投させるというかなり特殊なルールになっている。キャラには成長や劣化の概念は無く、所持金を消費して自チームと他チームの同じ守備位置の選手をトレードすることでチームを強化していく。

難易度は低めかな。運は割と絡むけど何年かプレイして強い選手を集めれば普通に優勝できる程度だと思う。自分の場合は7年目以降はずっと優勝でした。全体的に簡略化されているため野球的な(?)楽しさはあまり無いけど、まぁバランスとしては悪くはないね。強いチームから選手を強奪して勝ったりするのはなかなか面白い。また1シーズンの長さとかもちょうどいい程度だと思う。

あとは順位が勝率のみで決まるというのは微妙。3回で打ち切りという仕様上引き分けが多くなってしまい、ちょっと結果と順位が噛み合わないような印象もあった。サッカーみたいな勝ち点方式にした方がよかった気もする。2世代目以降はやる気になれなかったよ。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆ ・ ・ ・ ・








記憶して素早く入力するゲーム。

操作は左右キーで、上の師匠が演じた通りに真似すれば成功となって次へ。一度でも間違えるか時間切れでゲームオーバー。覚える回数はそれほど多くなく、また左右で音が違うためそれを頼りに記憶出来たりする部分は悪くないと思う。

ただ同じ作者の他のゲームもそうだったんだけど、残り時間の表示が無いせいで焦る間もなくゲームオーバーになってしまうのが非常に残念。何が悪かったのかわからないまま苦言を呈されて終了ってのはゲームとしてどうなのかと思うよ。ちなみに自分の最高は26回目でした。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・






不思議の国っぽいゲーム。

操作は左右キーで移動、z近接攻撃、x遠距離攻撃、cキーで時間停止、スペースキーでジャンプ。横スクロールのステージを進んでボスを倒すのが目的。ステージ内にあるカードを取ると絵柄に応じた数値が上昇したりする。左上の体力バーが無くなるとゲームオーバーで最初からやり直しとなる。

難易度は普通。こちらの攻撃は割と強力で即死穴とかも無いものの、HPの回復手段が乏しくラスボスで負けても最初からということで結構緊張感はあるね。ただそれが面白さに繋がっているかは微妙。なんか全体的にやり応えが無いというかな、なんとなく出来の悪いアクションという印象だったよ。独自性もあってグラフィックもまずまずなんだけどねぇ、とりあえずステージの使いまわしは避けてもらいたかったかな?


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・






缶を潰すゲーム。

操作はスペースキーのみで、流れてくる缶をひたすら潰していく。缶を潰すと加点、爆弾を踏むとゲームオーバー。難易度は低めで、まぁ単なる流れ作業という感じで個人的には楽しめず。単純なミニゲームとしても爆弾以外に何かもう一工夫欲しかった気がするわ。自分の最高は238点でした。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・






陰鬱な空間を進むゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘はランダムエンカウントのターン制で、「鬱」や「悲観」と言った独特の状態異常や、敵を1体倒すごとにステータスが1上がる成長システムが特徴かな。また敵を何体か倒すと次のステージへの扉を開けることが出来て、一度進むと元の場所には戻れない仕様になっている。

難易度は普通。雑魚敵はそこそこ強く、不十分な強さで進んでしまうと詰みかけるため注意が必要。自分の場合は一度面倒になったので手前のデータでやり直し、20分ほどレベルを上げたところ今度はラスボスまで楽勝、という程度だった。

敵の強さに関わらず1匹に付き1アップというシステムは微妙で戦闘自体も1か所に出てくる敵が1種類のみで退屈、シナリオに関しても暗いだけという感じで最後の唐突な「HAPPY END」も意味不明、個人的には全く楽しめませんでした。作者のブログで解釈とかも読んだけどこちらも悪趣味な自己満足としか思えなかったよ。こういう雰囲気が好きな人なら楽しめるのかな~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






不思議な空間で戦闘するゲーム。
 
ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーでカーソル移動、z決定、xキャンセル。メニューのOrdealから対戦相手を選んで戦闘、ボスを倒すと次のレベルがアンロックされる。戦闘が完全に自動で進むのが特徴で、勝つために上手く装備を組み合わせるのが重要になっている。
 
難易度は低めかな。装備によるステータスの変動はわずかで、その小さな数字の中でちまちまと削り合う感触はまずまず。ただ一部でかなり強い装備というか必殺技があり、それを使えばほとんど負けずに裏ボスまで行けちゃうためバランスはちょっと微妙だったかなぁ。まぁ1対1のRPG風自動戦闘としては割と完成されているとは思うけど、やはりどうしても自分でコマンドを出したくなっちゃうというのもある。世界観はかなり独特で、その辺が合う人はより楽しめるかもね~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 RPGSLG1SLG2SPOPZL静PZL動OTH合計
☆5 0 0 0 0 0 0 0 0
☆4 0 0 0 0 0 1 0 1
☆3 5 0 0 0 0 0 2 7
☆2 13 4 3 2 2 5 32 61
☆1 2 1 1 1 0 0 26 31
本数 20 5 4 3 2 6 60 100
☆計 43 9 7 5 4 14 96 178
平均 2.15 1.80 1.75 1.67 2.00 2.33 1.60 1.78

ゲーム感想の合計が2800本に達したので2701本目から2800本目までのデータをまとめてみました。過去のデータは感想系記事まとめにあります。

難易度は普通。・・・じゃなくて数値的には普通。現在は公開前で執筆済みの本数が166本で、2600本公開時より微妙に増加しています。7月以降は公開のペースを落としたため回復したわけだけど、この調子なら年内の3000本公開は全く問題無さそう。

そして現在は☆4以上で執筆済みのタイトルが1つも無いという状況だったりする。1301~2000本時の一挙公開を除けばなんだかんだで100本の区切りことに1つ以上は入っていたので、もし無いまま2900となると初の事態。一応☆4になるかもしれない候補は3~4本あるのでね、まぁ中にはクリアの見通しが立たないまま50時間以上プレイして放置なんてゲームもあるけど、この辺を優先的に終わらせるべきなのかな~、でも目先の本数稼ぎ&DL済みの本数減らしもしたいしな~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆☆ ・ ・
 
 
 
 
 

不思議な空間を彷徨う感じのRPG。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘はシンボルエンカウントのCTBっぽい形式で、ゲージが溜まった順に行動する。このゲームの大きな特徴はコマンド(技能)を攻撃、逃走、アイテム等基本的な物を含めて覚えているものから6つ自由に設定出来る点で、また一部の技能を既定の回数使用することで新しい技能を習得したりする。

難易度は高め。敵は結構強く、それなりのレベル上げや戦略が必要になると思う。そしてこのゲームはそのレベル上げが楽しいね。レベルはそれほど上がりやすいわけではないため結構な戦闘回数が必要で技能の習得に必要な使用回数も100とかだったりするんだけど、この2つがちょうど上手く組み合わさってるんだよなぁ。4人のキャラそれぞれに覚えさせたい技があるけど敵が複数いる状態では習得よりも目先の強い技で倒したくなるという葛藤もあり、この雑魚戦の楽しさはこれまでプレイしたRPGの中でもかなり上位に入ると思う。

それから技能自体の構成もCTBに対応したゲージ減らし系が多かったりして面白い。また待機を選んだ際のゲージ減少が少なく行動順の変更として使えたりする点も良いし、敵が容赦なくこちらのゲージを減らしてくるってのも珍しく、この辺の仕様は他のCTB系ゲームにも取り入れてもらいたいわ。また道中のイベントが少なく戦闘に集中できるというのも個人的には好み。

あとはややネタバレだけど、6番目のメモの直後のマップがわかりづらいのは難点。自分の場合そこまで4時間半ぐらいだったのが、仕方なく過去のフィールドを全て回ったりしてここだけで2時間以上迷わされたよ。しかもその後も結局進めることは出来たものの何故行けるようになったのかわからなかったし、ちょっとこの点だけはいただけないわ。はい。攻略ファイルを同梱するならここのヒントも欲しかった。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲーム、Flashゲームの感想と自作ゲーム制作日記のブログです。
ゲーム感想及び評価は完全に独断。最近は手当たり次第プレイして書いてる感じ。☆平均2.0ぐらい。
自作のほうはまぁFlash8でチマチマやってます。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 最新コメント 
[08/13 1717181]
[08/12 東方の名無しさん]
[04/19 1717181]
[04/18 シャム]
[01/15 1717181]
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
09 2017/10 11
S M T W T F S
13
21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 アクセス解析 
 忍者アナライズ 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]