忍者ブログ
    


  ☆☆ ・ ・ ・





列車を運転するゲーム。
 
操作はマウスで、画面左側の緑のボタンでマスコンが加速方向に、赤いボタンで減速方向に動く。所定の時刻と停止位置を守って駅に停車させるのが目的で、クリアすると成績が表示される。

難易度は低め。加減速はオーソドックスな設定という感じで、割と素直に運転できるんじゃないかと思う。操作のシンプルさや必要な情報が見やすくまとまっている点は良く、また画像の通り景色は実写で計器類なんかも含めたグラフィックのリアルさも素晴らしいね。あとは駅の数はもう少し増やしてもらいたかったかもしれない。自分の成績は込め直し無しで5、4、3とかだったよ。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR


  ☆☆ ・ ・ ・




動物達がレースするゲーム。
 
操作は左右キーがハンドル、zアクセルと決定、xブレーキ、cキーでアイテム使用、sキーで鳴く(?)。計13体の動物でレースをして、3つのコースでの合計で優勝するのがたぶん目的。コース内にある星を取ると自機の最高速度が上昇、またアイテムを使うことで相手を妨害する等某マリオカートっぽい要素もあったりする。

難易度は高め。一般的なレースゲームに比べると加速が遅く、敵の攻撃(自分で撃った流れ弾含む)やカーブで減速した際のリカバリーはかなり厳しい。序盤は最高速度が低いので後方からのスタートになるが敵と同じラインに入ると前後から攻撃される危険があるため抜くのも難しいし、カーブごとの曲がり方を覚えるのも必須で本気で優勝を目指すとなると結構時間が掛かるんじゃないかと思う。

まぁこういう対戦レースゲームはフリーでは珍しいしグラフィックやコース設計、敵の行動計算とかもまずまずだけどね、やはりもうちょい気楽に勝てるような構成にしてもらいたかった気がするよ。あと付属テキストの攻略が役に立たない感じなのもやや不満。ちなみに自分は一応総合1位は取ったけど3コース目の1位は結局一度も取れませんでした。総合1位の時も結局1→2→3とかで最初のコースでネズミが沈んだから勝てたようなものだし。やっぱりコンシューマー並みのバランスを作り上げるのは難しいのかな~。


     人気ブログランキングへ

拍手[1回]




  ☆☆ ・ ・ ・






水を弾いて登るゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、zキーで決定と弾く、xキーでキャンセル。鯉を操作して水滴を弾いてひたすら上へと登っていく。落ちると打ち上げられるが、その際に右上のLifeを100消費してこれがマイナスになるとゲームオーバーとなる。黄色を弾くとLifeの回復とパワーの上限が一時的に増す他、途中からは弾くと逆に落とされる赤い水滴も出てきたりする。終了後には経験値が手に入り、レベルを使って能力の強化も出来る。

難易度は高めかな。序盤はある程度簡単に伸ばせると思うけど、先はかなり長く、一番上のエンディングを見ようとするとかなり根気が必要だと思う。水滴が集まる場所を探して弾くという感触は面白く、この適度に集中しながら動かすプレイの密度というのかな、そういう部分の出来は素晴らしいね。また距離に応じて背景やBGMが変わったりするのも面白いと思う。

ただこのゲームは動機付けが下手なのが残念。まず目指すべき距離が明かされていないため手探りで伸ばすしかないというのが微妙。それから実績の内容がわからないのも不満で、これは全て最初から明かした上で初回の達成で経験値ボーナスとかにするべきだよなぁ。強化の仕方による実績を目標にしてもらうことで効率の良い強化を発見させたりも出来そうだし、記録が伸びない時に目先を変えさせる利点もあるわけだしさー。

また序盤に時間が掛かるのも難点で、自分の場合一時期1000M辺りから苦戦していたのでそこまでの時間を測ってたけど普通に6分と掛かるんだよなぁ。しかもそこから1~2分とかであっさり落ちてやり直しになるわけだし、この辺の時間は苦痛だったよ。ステージ制とまでは行かなくてもショートカットできる手段を用意するべきだと思う。

これに似たタイプのゲームというとflashの吹っ飛ばし系が挙げられるけど、それらと比べると本当に未熟な点が目立つ。自分の場合は最初から2番目のエンディングを見るまでは割と熱中してて☆4もあるかと思ってたけど、そこからのグダグダで結局☆2だよ。いやー本当に素材が良いだけにもったいない。ちなみに自分の最高は7,428,000,000,000,000,000,000,000,000mでした。たぶん。さすがにzやyになるとよくわからんわ。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 way



  ☆☆ ・ ・ ・






謎を解きつつ進むゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。基本は謎解きアクションと言った感じで1画面のステージをクリアするとセーブされて次へ。基本的に後戻りは出来ない。鶏に当たると左上の星が減って無くなるとゲームオーバー、その際にヒントが見れたりする。

難易度は低めかな。自分は1か所だけヒントに頼ったけど、まぁパズル、アクション共にそれほど厳しくはなく比較的スムーズに進めるんじゃないかと思う。ヒントは割としっかりしているし雰囲気とかも良好で、軽いパズルがプレイしたいならおすすめできるかも。あとは女神探しに関してはよくわからず、というか無くてもエンディング両方見れたし余計な要素だった気がするよ。それからセーブは出来ればスロットを選べるようにしてもらいたかったです。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 薬草



  ☆ ・ ・ ・ ・






洞窟でドラゴンを倒すゲーム。

ウディタ製のRPGで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘はシンボルエンカウントのターン制で基本システムに近い感じ。洞窟の奥に薬草を取りに行くのが目的になっていて、その洞窟が村から直結していたりと全体的にシンプルな構成となっている。

難易度は普通。雑魚敵は割と強く、ある程度のレベル上げは必要になるかな。中盤までのバランスに関しては粗削りながら悪くは無いと思う。ただこのゲームはラスボスを倒した後即動かないと連戦になってしまうのがとにかく酷い。自分の場合4回ほど倒して話が進まず止む無くリセット→ふりーむのレビューで仕様を知ってやり直したりしましたよ。

それから死んで戻った際にお金が引かれるのも要らない(Hardではアリかも)し、衛兵を倒すと即消えちゃったり特上薬草がアイテムに入らないためクリア条件を満たしたかどうかがわかりづらい等残念な部分が多かった。戦闘のバランスはまずまずなだけにね、バージョンアップを繰り返してこの完成度なのはどうしたもんかなぁ・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・
 
 
 
 
 
 
色を変えて消すゲーム。

操作はマウスで、左クリックでパネルの色の変更、右クリックで同じ色が4つ以上繋がっている部分が消える。消した場合は右上の方向にパネルが詰まって空いた場所に新しいパネルが入る。色の変更2回以内で次を消すと連鎖となり点数が伸びる。時間切れでゲームオーバー、消す際に一定の条件(?)で残り時間が増えたりする。

難易度は低い。自分の場合は2回目のプレイでスコア、連鎖数ともに桁あふれしちゃったよ。2回以内で消せる場所を探すという部分の感触は悪くはないけど、時間も全然減らないしちょっとこれではバランスが悪すぎるね。単純に3分でのハイスコアを目指すとかの方がよかったんじゃないだろうか。あとウインドウサイズが大きすぎるのもマイナスで。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






謎の生物を育てるゲーム。

操作はマウスクリックで進行と決定。選択肢を選ぶとステータスが増減し、一定の回数をこなすとそのステータスによって生物が3種類に成長する。2段階目もそれぞれ3種類で最終形態は計9種類あり、これを全て作って「ちきうレベル」を上げるのがたぶん目的なんだと思う。

難易度は低め。分岐の要素であるステータスは常に見えているし選択肢ごとの上昇量も固定なので全部埋めるのもそれほど難しくないはず。1回ごとのプレイ時間も1~2分と短く、全種類集めるまで割と楽しくプレイ出来たかな。あとはテキスト面や生物のグラフィックの出来はちょっと微妙。図鑑みたいなシステムも欲しかったかも。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






敵の陣地を削るゲーム。
 
操作は矢印キーで移動、zキーで決定と敵陣地に侵入、xキーでブースト。自機で敵の陣地を切り取るとそこが自分の陣地となる。ステージ開始時に表示される目標値まで達すればクリア。5ステージクリアでそのモードのクリアとなる。侵入中に敵や攻撃に当たるか、切り取り中の赤線に敵か攻撃が触れた際に出るスパークに当たると残機が減り、無くなるとゲームオーバー。コンティニューは何度でも可能だが中断機能は無い。

難易度は高め。とにかく敵が多くて難しいんだよなぁ。ボスの動きにはパターンがあるのでそこの隙を見計らって動くことになるんだけど、そこで他の雑魚敵に激突するというパターンが多く(端でちょろっと稼ごうとしても普通に当たる)、かなりイライラしながらプレイしてました。まぁコンティニューはいくらでもできるし結局自分で設定した時間内にNORMALをクリアできたから☆1にはしないけどね、このタイプのゲームはどういう層が好むのか全く分からんなー。

あとはグラフィックやボイスの出来は非常に良好。自分はプログラミング生放送(http://pronama.azurewebsites.net/)の暮井慧ちゃんとか知らなかったんだけど、こういう無料で公開されている素材をゲームと組み合わせるってのは面白いし、このゲームは実際に使い方も上手いと思います。はい。ちなみに自分はHARDまでクリアしたけどEXPERTはあきらめました。ブーストでもスパークから全然逃げられんし無理だろー。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆☆ ・ ・






トカゲと戦ったりするゲーム。

ウディタ製のゲームで操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘は基本システムに近いターン制だけど、固定敵のみで雑魚狩り的な要素は無い。戦闘に勝つためには建物を歩き回って情報やアイテムを集めるのが重要になったりする。

難易度は低めかな。必要なアイテムの入手なども理不尽さは少なく、比較的スムーズに進行すると思う。戦闘部分に関してはそれなりに手応えもあり、強力な攻撃をどう防ぐか考えたりキャラが2人になっている分役割分担を工夫したりするのはなかなか面白かった。

そしてこのゲームは何と言ってもテキストの出来と過去作品との繋がりが素晴らしいね。ゲーム名は完全にネタゲーという感じでまぁ実際にネタ要素の多いゲームではあるんだけど、もう開始30秒でまさかの展開に大興奮でしたよ。これだけの設定を構築して面白く作り上げるというこの技量は本当にすごいと思う。おすすめです。この作者の過去作品を先にプレイしてからどうぞ。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 ガッ



  ☆ ・ ・ ・ ・





変な生き物を叩くゲーム。

操作はまずスペースキーで開始、以降は矢印キーでそれぞれの方向の穴を叩く。タイトル画面で表示される2種類の生き物(?)を叩くと加点、間違えて叩くか見逃すとMissの回数が減り、無くなるとゲームオーバーとなる。

難易度は低め。序盤はある程度騙されてミスすることもあるが、中盤以降はスピード、種類ともに変化が無く、油断しなければ延々と続けることも可能だと思う。この難易度が上がらないという点は微妙で、ミニゲームだとしてももっと反射神経とかを試すような構成にしてもらいたかったところ。自分のハイスコアは372190点でした。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲーム、Flashゲームの感想と自作ゲーム制作日記のブログです。
ゲーム感想及び評価は完全に独断。最近は手当たり次第プレイして書いてる感じ。☆平均2.0ぐらい。
自作のほうはまぁFlash8でチマチマやってます。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
11 2017/12 01
S M T W T F S
5
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 アクセス解析 
 忍者アナライズ 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]