忍者ブログ
    


  ☆☆☆ ・ ・




列車を運転するゲーム。

操作はマウスクリックで、左側にある緑のボタンと赤いボタンで加減速を行う。運転する区間は小田急線の小田原~新松田で各駅に±10m以内、+99秒以内で停車することで次に進み、新松田に無事到着するとクリア、運転内容に応じた評価が表示される。

難易度は普通。加減速の設定はオーソドックスで割と運転しやすい感じ。そしてこのゲームは区間距離というか加速、惰性、停車のバランスが良いね。景色も割と変化があって飽きないし途中まで停車が上手く行っている場合の後半の緊張感も面白く、同じシステムの千歳線、京王線に比べても一段と楽しめたよ。これは上手い区間を選んだなぁという印象。フリーの運転ゲームとしてはトップクラスの面白さだと思います。はい。ちなみに自分の成績はいつもの通り込め直し無しで5、4、3。乗り心地を上げるにはブレーキを最初から弱めにかけた方が良いのかなぁ。わからん。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR



  ☆☆ ・ ・ ・






斧で敵を倒すゲーム。

操作は左右キーで移動、z攻撃と決定、xでジャンプ(2段ジャンプ可)。ステージは1画面の構成で、階段にたどり着けばクリアとなって次に進む。敵や攻撃に当たるとそのステージをやり直しとなる。コンティニューはいくらでも可能だがセーブ機能は無い。

難易度は低め。敵の攻撃はそれほど激しくなくリスタートも容易で比較的スムーズにプレイ出来ると思う。自分の場合は初見でのクリアタイムが482秒ということで10分も掛からず終わっちゃったよ。まぁセーブの無いアクションならこのぐらいの規模でもいいと思うけど、やはり物足りなさは残ったかな~。あとは自機のドット絵は幼女っぽさが出ていて良いと思います。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]



  ☆☆ ・ ・ ・




塔を登るゲーム。
 
操作はマウスで、左クリックで決定と前進、右クリックでキャラの方向の反転。また上部にあるボタンを左クリックで攻撃や魔法の使用が出来る。一次元のローグライクという珍しいタイプのゲームで、階段を登って行きゴールにたどり着けばクリア。敵はこちらが行動するたびに動き、自分のHPがゼロになるとゲームオーバーで次はまた最初からとなる。雑魚敵を倒すと魔法を入手できるが経験値等は無く、レベルアップは固定敵の撃破時のみ行われる。

難易度は高め。全体的にバランスは厳しく、何も考えずに進むとジリ貧は必至。本編の前に初心の塔でいろいろと勉強も出来るけどそれを全部クリアしてからでもなお厳しいと感じたよ。特にこれはローグライク共通なんだけど、1回のクリックミスとかであっさり死んで数十分がパーになったりするのが痛い。一本道の塔を登るというアイディアやデザイン周り、それに魔法の内容なんかは割と良く考えられていて完成度は高い方だと思うしストーリーを資料集からいつでも読めるという点も良いけど、若干難しすぎてそれほど楽しめなかったというのはあるかなぁ。

ちなみに自分の場合100Fクリアした際は終盤でたまたま炎の壁を連続で入手出来たりとかなり運が良かったと思われる。実際2番目の記録は59Fだし、この時にクリア出来て無かったら相当時間が掛かった、あるいはクリアを断念してたかもしれんね。はい。助かった。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






ブロックを重力で動かすゲーム。

操作はメニュー画面ではスペースキーで決定、ゲーム中は矢印キーで重力方向の切り替え、zキーで加速、xキーでブロックの強制射出。ブロックは重力に従って動き、同じ色が3つ並ぶか4つ正方形に固まるとそれが消える。射出点は重力と逆方向に動きその時点でのスピードに従って射出が行われ、ステージ内のブロックが41個になるとゲームオーバーとなる。

難易度は低めかな。3つで消えるということで適当にプレイしててもそれなりに続けられると思う。6色ぐらいになってからの頑張って消せる場所を探す感触などはまずまずで、また演出がシンプルな点なども良くそこそこ楽しめたかな。ただ序盤のうちは必死に探してもzキーでぐりぐり動かしてもそれほど結果が変わらず、またz、xキーでの加速やバラによる消去もあまり機能していないため完成度がやや低いという印象もあった。制限時間内でのハイスコアを目指すとかの方がよかったかも?


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 XofX



  ☆☆ ・ ・ ・






遺跡から脱出するゲーム。

操作は矢印キーで移動、z決定。探索系のアドベンチャーゲームで、遺跡内でフラグを立てて脱出すればたぶんクリア。このゲームの特徴は「タイトルパーツ」のシステムで、遺跡内の赤い石版を調べることで入手した称号でゲームのタイトルを変更することが出来る。

難易度は低め。まぁ普通に端から端まで歩いて怪しい場所を調べていけば問題無くクリア出来ると思う。フィールドは割と1つずつが広く部屋数が少ないという構成で、こういうのは普通の建物だと不自然に感じたりするけど遺跡とか不思議な空間だとあまり気にならないね。個人的にはちょうど探索しがいがありつつサクっと回れる程度で、ネタバレだけど最後の石版を見つけるまでそこそこ楽しめました。あとはキーが反応しづらい部分があったのは不満。独自プログラムだからある程度は仕方ないけどもう少しその辺の作りこみは欲しかった。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






さ行ばっかりのゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘はランダムエンカウントのターン制で基本システムに近い感じ。マップは縦に長くひたすら下を目指すような構成になっていて、地面や木の色が変わると出現する敵も変化したりする。
 
難易度は低め。敵は序盤から割と強く地道にレベル上げをしようとすると大変だけど、逃げる成功率は100%なのでそれを活かせば割と楽にクリア出来ちゃうと思う。このゲームの特徴は名前の通り「さ行」にこだわっている点で、テキスト方面に関してはこの作者らしいセンスで面白いね。ただ「作業」としては微妙かなぁ。結局30分程度でクリア出来ちゃったし、どうせなら戦闘部分以外の作業がもっとあってもよかった気はする。それこそ同作者の勇気ある男シリーズみたいにさー。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 +LINE



  ☆☆ ・ ・ ・






線で四角を作るゲーム。

操作は左右と下キーでラインの移動、zが決定と左回転、xでキャンセルと右回転。ラインを落として2×2以上の大きさの長方形(正方形可)を作るとその線と中身が消えて加点。上まで積み上がるとゲームオーバーになる。

難易度は普通。最初は何も出来ず終わったりしたけど、ある程度四角の作り方がわかってからは一気に点を伸ばせるようになった。デザイン面は比較的クオリティが高く、落とす際に落下地点が表示されるのも良いね。ただ進行は割と単調で落ち物ゲームとしての面白さはそれほどでもなかったかなぁ。一度崩れるとあとはそのままゲームオーバーという感じであまり粘れないのもちょっと残念。自分の最高は2419520点でしたー。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]


  ☆☆ ・ ・ ・
 
列車を運転するゲーム。

おぱく堂のキットを使ったゲームで、まず右下の動作/停止をクリックで開始。その後は右上の小さなレバーをFに入れ、中央のレバーをマウスドラッグで下に動かして加速、上に動かして減速する。同じ区間を繰り返し運転してなるべく停止位置に近づけて止めるのが目的だと思う。

難易度は普通。自分がプレイした際は3回目ぐらいで込め直し無し0.1mの停車が出来たけど、これは同じサイトにある別の車両の設定で慣れていたという部分が大きいかな。あるいはただの幸運か。ちなみにこの京成線3600形VVVFは1編成しか存在しないらしく、その筋では結構有名みたいですね。自分の場合は感想を書くために今見て知ったけど、こういうマニアックなネタはゲーム内でもちゃんと書いて欲しいな~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・







ボールを運ぶゲーム。

操作はマウスクリック。ステージ内のパネルをクリックするとそれが90度ずつ回転する。この動きを使ってレールを繋げ、自動で動くボールをハートに運ぶのが目的。ハートを2つ取ると最後に残ったハートがゴールに変わり、そこにたどり着けばクリア。ボールの動く先にレールが繋がっていない場合ミスで盤面生成からやり直しとなる。

難易度は普通。ボールは結構速いが、まぁある程度慣れれば先回りして繋げられるようになりその辺のバランスはまずまず。ただ個人的にはそれほど面白いとは思えなかったかなぁ。なんかこの手のレール繋げ系はあまり楽しめた記憶が無い気がする。また初手の操作が間に合わず連続であのグラフィックを見せられるのも微妙。せっかく可愛い女の子がいるんだからもう少し応援させるとか出来なかったかね。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






ひたすら奥に進む感じのゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーでカーソル移動、z決定、xキャンセル。いわゆるノンフィールドRPGの形式となっていて、メニューの一番上で左右どちらかを選ぶとイベントが発生し達成値が1増える。奥まで進んでボスを倒せばクリアで次のステージがアンロック。また戦闘は攻撃、魔法、反撃の3つのコマンドしかなく、これらはじゃんけんのような三すくみの関係になっている。セーブはいつでも可能だがロードすると達成値が0になるので注意が必要。

難易度は低めかな。最初の頃は割とすぐ死ぬけど、装備品の特定のステータスを上げるアイテムがあり、それを使って育てていけばある程度楽に進めると思う。バランスに関しては序盤はそれなりに良く出来ていてそれなりに成長の楽しさもあった。また戦闘中に回数限定で相手の行動を先読みできるというのも上手く機能していると思う。

ただ中盤以降は同じことの繰り返しという感じであまり楽しめなかったよ。イベントにも全く変化が無いし、ロードすると達成値がゼロになるため10分以上連続で単調な作業を繰り返す必要があるってのも微妙。不利なのを4連続で引いて死んでやり直しとかもあったし、ちょっと全体的に調整不足という印象かなぁ。せめて場所ごとの個性とかが欲しかったわ。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲーム、Flashゲームの感想と自作ゲーム制作日記のブログです。
ゲーム感想及び評価は完全に独断。最近は手当たり次第プレイして書いてる感じ。☆平均2.0ぐらい。
自作のほうはまぁFlash8でチマチマやってます。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 最新コメント 
[01/27 1717181]
[01/26 無]
[01/22 1717181]
[01/21 きと]
[01/09 1717181]
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
01 2018/02 03
S M T W T F S
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
 アクセス解析 
 忍者アナライズ 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]