忍者ブログ
    



  ☆☆ ・ ・ ・






コインを取りつつ進むゲーム。

操作はタイトル画面等ではマウスクリックで決定と進行、ゲーム中は矢印キーで自機の移動。自動でスクロールする空間の中で時間内でのゴールを目指す。ステージ間では取得したコインを時間に変換することが出来て、上の矢印を長押しでコインを時間に、下を長押しで時間をコインに変換し、また左右の数値の部分をクリックすると一括で変換される。
 
難易度は低め。時間に限りがある序盤はやや難しいが、中盤以降はある程度コインを取って一括変換すれば全く問題ない程度。最終的にコインがスコアとなり余った時間は消滅してしまうため本気でスコアを狙うなら変換する時間をギリギリにする必要があるけど、個人的にはそこまでやりこむ気にはならなかったかなぁ。アイディアや操作性は悪くないので、時間とかのバランス方面でもう一工夫あるとよかったかもしれない。ちなみに自分のハイスコアは206920点でしたー。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR



  ☆ ・ ・ ・ ・






ひまわりを栽培するゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。フィールド右側の丸い土っぽい部分を調べるとそこにひまわりの種を植えることが出来る。その後時間経過で育ち、花が咲いたら収穫。まぁ雰囲気やのんびりプレイ出来る点は悪くはないと思うけど、目標となる数字が全く無く、さすがにこれだけじゃゲームにならないんだよなぁ。せめて集めた種の数で称号が変わるとかあれば少しは楽しめたかもしれないが・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 deline




  ☆☆ ・ ・ ・








某テトリスっぽいゲーム。
 
まず上部メニューからスタートを選んで開始。操作は左右キーでブロックの移動、上下キーで左右に回転、スペースキーで下に移動、shiftキーで一気に落とす。ルールはいわゆる某テトリスで、横1列に揃えるとそれが消える。モードはエンドレスのみで上まで積み上がると終了。30ラインごとにレベルと落下速度が上がる他、同一レベル内でも消すにつれて速度が上がりレベルアップと同時にやや戻るような構成になっている。

難易度は普通。ホールドやTスピンボーナス等の無い本当にクラシカルなテトリスと言った感じで
、まぁ元が面白い分やはり楽しめるね。接地時の遊びもある程度確保されているし、レベルアップで一旦落ち着いて空白を処理したりできるのも良い。ただ一般のテトリス系ゲームと操作方法が違うためその辺でミスが結構出たのは不満かなぁ。やっぱり下キーで落としたくなるよ。ちなみに自分の最高は328列、24901点でした。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆☆ ・ ・ ・





鬼から逃げてミッションをこなすゲーム。
 
ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、zで決定。RPG風のフィールドを歩き回ってミッションをこなせばステージクリア。鬼に触れるとゲームオーバー。このゲームの特徴は町人が鬼に触れるとそれが鬼に変わるという点で、時間経過で鬼が増えるため素早く行動する必要がある。

難易度は普通かな。まぁうっかり鬼に当たってしまうというのはどうしても起こるけど、NORMALであればそれほど苦戦はしないんじゃないかと思う。美術館だけはやや面倒だったかも。フィールドの広さはちょうどいい程度で、この作者らしく街並みは良く出来てるね。また終盤での一転攻勢みたいな部分のシステムもまずまず。クリア後のやりこみが充実している点も良い。
 
ただ全体的にやや単調な感じなのと、個人的に鬼ごっこというかウディタのフィールドを使ったアクションがあまり得意じゃないこともあってそれほど楽しめなかったかなぁ。やっぱり普通にRPG的な戦闘とかがしたくなるわ。ついでにこの町々もこんな忙しい中じゃなくて普通に散策してみたいが・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






車をカスタマイズして走るゲーム。

操作はメニュー画面では矢印キーでカーソル移動、スペースキーで決定。レース中はxアクセル、zブレーキ、左右キーでハンドル、MT仕様の場合のみ上下キーでシフトチェンジ。またEscキーを押すとタイトル画面に戻る。いわゆるレースゲームで、敵車とかは無く純粋にタイムを縮めることが 的となっている。

難易度は高め。路面が荒れていることもあって車を正確に操ることは難しく、走りきるだけでも結構大変。デフォルトの80秒というのはちょうどいい目標かな。こういうダート系のレースゲームはあまり無いので新鮮さはあったけど、やはりもう少し扱いやすい方が個人的には好みかなぁ。あとはグラフィックの出来は割と良好。個人的にはRUN FASTみたいなゲームをまたプレイしてみたいが・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆☆ ・ ・ ・






オフィスを蹴り回るゲーム。

操作は左右キーで回転、上キーで後ろに進行、壁などの障害物を前に置いた状態でzかスペースキーで壁蹴り移動。オフィスっぽいステージの中でキャラを動かし、おやつ→三種の茶器→お茶の順に取るとステージクリア。敵キャラに当たるとライフが減り、無くなるとゲームオーバー。リトライはいくらでも可能だがセーブ機能は無い。

難易度は普通。動きにはやや癖があるけど、まぁ後ろ向きに動くという部分に慣れれば問題なくプレイできるかな。グラフィックの出来は良く、このオフィスでアクションを行うというようなアイディアも面白いね。ステージ構成に関しても割と凝った感じにはなってるけど、最後のステージは敵の配置が厳しいのである程度運も必要になってくるかも。自分のハイスコアは15995点でしたー。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・






ニワトリに追われるゲーム。
 
ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。敵から逃げてゴール地点の魔法陣にたどり着けばステージクリアとなる。難易度は低く、まぁ変に突っかかったりしない限りはクリアできるはず。一応ステージごとにセーブできるようになっている点は悪くはないね。この規模なら要らない気もするけど。

ちなみにこの作者は他にもさくらんぼ、追われる冒険・続、水の精霊、ひまわりの約束、魔法使い、をふりーむで公開していますが、いずれもほとんどゲームになっていないような超短編のため、6本合わせて☆1扱いとします。ゲーム制作初心者にしてもさすがにもうちょい作り込めないものか。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






数字を選んで合わせるゲーム。

操作は矢印キーで移動、zキーで決定、xキーでキャンセル。またゲーム中はx長押しでリトライ等一部特殊な操作もあったりする。周囲に8つ並んでいる数字から1つを選ぶとそれが中央の数字に加算される。中央の数字が右下のリストの数と一致すると+100点、ちょうど50になるとリストの達成数に応じて加点される。50以上になると中央の数字はゼロとなりリストも新しいものに変わる。クラシックは既定の時間内でのスコアを競い、タイムアタックではなるべく早い5000点達成が目標となる。

難易度は低い。自分がプレイした際は初見でいきなり神ランクでした。デザインの出来は比較的良好で全体的にゲームとして完成されているし、アクションエディターでこれだけのゲームが作れるというこの技術も素晴らしいと思うけど、ちょっとこれでは手応えが無いですかねぇ。周囲の数字が8つじゃなくて半分の4つとかならもう少しパズル的な楽しみが増えそうだが・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆☆ ・ ・






迷宮を進むゲーム。
 
ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xメニューとキャンセル。いわゆるノンフィールドRPGの形式で、ダンジョンを1歩ずつ進んでいきそのたびにランダムで戦闘やアイテム入手等のイベントが発生、一番奥に行くとボス戦で勝つと次のダンジョンが解放されたりする。最初に始める際は冒険者ギルドで仲間を登録する必要がある他、ポイントでのスキル取得やプラーナという値によるステータスの上げ下げなんかも出来たりする。

難易度は普通。バランスはちょうど上手く調整されている感じで、最初から最後まで程よい手応えを感じながらプレイ出来た。全体攻撃を連発すれば割と楽に倒せるけどそうなるとSPが足りないわけで、ランダムイベントでの回復なんかを含めてのやりくりも面白くこの辺の確率とかの調整は素晴らしいね。またボス戦手前で必ずセーブとテントが使えるというのもうれしい点で、ボスに負けてからの装備やスキルを整えての再戦も結構楽しめました。

またスキルに関しても同作者の百万迷宮では多すぎて把握しきれない上に使わないのばっかりという不満があったけど、今作では自分で最初から覚える物を選べるし、クラスチェンジ後の必殺技がボス戦でしっかり活躍してくれたりと噛み合ってるのは良いね。スキルツリー的な部分はちょっと面倒だったかな。もともとポイントも少ないし。

あとは細かい点だけど顔画像のクオリティが低いのは不満。他の作者とのコラボとかで100以上用意されてるのに個人的には気に入るような画像が全然無かったよ。これじゃあ選べる意味もあまり無いよなぁ。まぁ本筋に直接関係あるわけじゃないからいいんだけどさ~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆ ・ ・ ・ ・





王子が竜を倒すゲームの2作目。

前作のJ-RPG Creatorから今作はウディタ製に変更され、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定xがキャンセルとメニュー。戦闘は無く会話等でテキストを読み進めるのが基本で、特定のキャラに話しかけるか「NEX」のマスを踏むとストーリーを進めることが出来る。

難易度は低め。テキストを読むだけで展開とかもそれほど面白いわけではなく、個人的にはあまり楽しめなかったかなぁ。余計な設定とかも多くてくどさみたいな部分が目立った気がする。またグラフィックに関しても前作ではツール自体が無骨な印象もあるため上手くマッチしていたが、ウディタにはちょっと合わない感じもあった。フィールドマップの構成なんかは悪くはないのでね、その辺をもっとメインにしてもらえば多少は楽しめたかもしれないが・・・。
 
 
     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲーム、Flashゲームの感想と自作ゲーム制作日記のブログです。
ゲーム感想及び評価は完全に独断。最近は手当たり次第プレイして書いてる感じ。☆平均2.0ぐらい。
自作のほうはまぁFlash8でチマチマやってます。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 最新コメント 
[08/13 1717181]
[08/12 東方の名無しさん]
[04/19 1717181]
[04/18 シャム]
[01/15 1717181]
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
08 2017/09 10
S M T W T F S
8
24 25 26 27 28 29 30
 アクセス解析 
 忍者アナライズ 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]