忍者ブログ
    



  ☆ ・ ・ ・ ・






ピンポン玉を導くゲーム。

操作はマウスで、ウインドウ上でドラッグするとその方向に玉が動く。3Dの空間で玉を操ってゴール地点まで連れて行けばクリア。赤い敵に当たったり下に落ちたりするとミスとなり、手前の地点からやり直しとなる。残機の概念は無くコンティニューはいくらでも可能だがセーブ機能は無い。

難易度は普通。このゲームはとにかく序盤が辛いのが難点だね。3Dの操作をドラッグで行うということでかなり癖があるんだけど、その操作に慣れる前の段階でいきなり画像のように狭い通路に敵がいたり大きめの穴があったりしてなかなか進めず、自分の場合一時プレイを中断してたりしました。跳ねている間に連続で上方向に動かせることに気づいてからは30分程度でクリア出来たけどね、ちょっとこの序盤の不親切さのせいでつまらないゲームという印象になっちゃったわ。もう少しチュートリアル的な要素を入れたりできなかったかな~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR




  ☆ ・ ・ ・ ・









ボールで敵を倒すゲーム。
 
操作はマウスで、左クリックで決定、ステージ選択後はまず下部の2体から自分が操作する方を選び、マウスドラッグでそれを直接動かす。もう片方は勝手に動く。ブロック崩しの要領でボールを弾いて上部の敵に当てて、全て倒せばクリア。敵からの攻撃もあってそれをある程度受けると死んでゲームオーバーとなる。クリア時には内容によって成績が%で表示される。

難易度は低め。ボールは下に落としても-5%程度で続行可能なのでクリアだけなら全然難しくないはず。手応えは薄く個人的にはあまり楽しめなかったよ。んー、もう少し狙って当てたりするようなアクション性が欲しかったかなぁ。100%に関してはボールが1個の5ステージまでは一応達成しました。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆☆☆☆ ・





部隊を編成して進行するゲーム。ジャンルはやや迷ったけど一応レベルアップ等RPGの条件は満たしているのでRPGで。

操作はマウスクリック。まずは編成でキャラクターを部隊に入れて、出撃→進行でダンジョン画面へ。探索中にプレイヤーに出来るのは部隊ごとの撤退命令だけで、それ以外の戦闘を含めた進行は全て自動というのが特徴。帰還した後は編成ボタンで帰還画面となり、アイテムやお金の清算とキャラごとに得た経験値でレベルアップの判定が行われる。死ぬと経験値がゼロになる。
 
この他に拠点では酒場でユニットの雇用、ショップでアイテムの売買、ギルドで攻略対象の変更が出来る。またアイテムからライセンスを使うことでユニットのクラスチェンジも出来たりする。戦闘はお互いに1つの技を使い続ける等かなりシンプルで、イベントは一切無く純粋にダンジョンに潜り続けるような構成になっている。
 
難易度は普通。バランス的にはクラスごとの差が大きかったりいきなり強い武器が手に入ったりと尖った部分もあるけど、まぁ全体的には良好かな。地道に一つずつ潜っていくのは楽しく、比較的1つのダンジョンが短いのとこちらのレベルがしっかり上がってくれることもあってついついやめられなく魅力があるね。
  
そしてこのゲームではユニットの編成を考えるのが本当に楽しい。部隊ごとの進行具合やクラスチェンジに伴って有用なキャラが変わってくるのでそれを踏まえた上でいろいろ試してみるのが面白いんだよなぁ。余裕がありそうなら主力をある程度バラして複数部隊を均等に育てて、厳しくなってきたら徐々に強いメンバーと装備を集中して少数精鋭で突破を目指す(残りは初戦撤退もやむなし)とかね。またグラフィックに関してもオリジナリティもあって割と良く出来ていると思う。
  
ちなみに自分はクリアした時点で打ち切ろうかと思ってたんだけど、結局ずるずると全ダンジョン制覇(+全クラス達成)までプレイしちゃいました。ややネタバレだけど完クリ時はゲーム内で5年目の11月、実時間ではたぶん30時間ぐらい掛かったよ。パーティーはファイター、パラディン、ハイバルキリー、ディアナ、ウィッチ、プリースト。最初のキャラだけはグラフィックが気に入っていたのでファイターで通したけど、まぁ優秀なユニットにすればあと5時間は早くクリア出来たかもね。

あとは不満として戦闘回数等の情報に関しては常時見られるようにしてもらいたかったかも。それから一部のダンジョンではクリアもしくはキツくなっての撤退まで30分以上掛かり、その間一切セーブが出来ないというのはやや不便に感じたりした。まぁどちらかというとのんびりプレイするゲームだと思うので、ある程度時間確保しての適当なながらプレイとかがいいんだろうね。はい。おすすめです。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・






ダンジョンで宝を探すゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーでカーソル移動、z決定。ダンジョンを進んで宝を手に入れるのが目的で、進むを選ぶとランダムでイベントが発生、宝箱にダイヤモンドが入っていればクリアとなる。敵が出た場合は戦闘で、戦うを選ぶと自動で進行、HPが減った場合は戦闘後に回復コマンドから一瞬で全快できたりする。

難易度は低い。自分の場合は3回ほどプレイしてそのうち2回発見、1回失敗だった。1周3分とかなので両方のエンディングを見るのもそれほど時間は掛からないはず。まぁクリア条件が運次第なのはともかく、ちょっと全体的にシステムの作りこみが甘くこれで楽しむのは難しいと思うよ。経験のある作者なんだし、運ゲーにしてももう少し工夫出来そうな気がするがなぁ・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

  ☆☆ ・ ・ ・


列車を運転するゲーム。

おぱく堂のキットを使ったゲームで、操作はまず右下の動作/停止をクリックで開始。以降は左のマスコンと右のブレーキレバーをマウスドラッグで動かすのが基本だが、このタイプだと何故かマウスが利かない場合も多く、その場合はキーボードで操作することになる。いつもの同じ区間を繰り返し運転してなるべく停止位置に合わせるのが目的になっている。

難易度は低めかな。ツーハンドルタイプはブレーキの段数が大きいので細かい調整がしやすく、込め直し無しでも停車位置を合わせやすいのはうれしいね。あとはこの作者のゲーム共通だけど110km/hまでは勢いよく加速するのにそこでいきなり固定されるってのは微妙かなぁ。同キットの他所のゲームではもうちょい自然な加速になってる気もするけど内部の設定は難しかったりするんだろうか?


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






不思議な世界でおつかいをこなす感じのゲーム。
 
操作はマウスで、左クリックで移動と調べたりコマンドを決定したり、武器を持っている状態では右クリック長押しで構えて左クリックで発砲。Talkと表示されるオブジェクトを調べるとイベントが発生、一部の依頼をこなすことでリンゴが手に入り、それをテントで使用することで酸素の値が増えて先に進めるようになる。また行動によってステータスが変化したりもする。
 
難易度は低め。1つのおつかいはだいたい1~2分あれば終わるし、クリアだけなら全然難しくないと思う。この作者独特の世界観は今作でも健在で、テキスト、グラフィック共に出来は良好。女子2人はしっかり可愛いし、またマップ登録で任意の場所にワープ出来る機能も素晴らしい。
 
ただ同作者の「リブラの見た夢」に比べると似すぎている上に規模や仕掛けが見劣りしてイマイチという印象。あっちはまず世界が広く深く探索する楽しさも大きかったけど今回はほぼ一本道だし、オブジェクトもただ置いてあるだけで全体的に刺激に欠ける感じだったわ。それから終盤の展開もさすがにワンパターンすぎませんかね?百合心中(一応伏せ字)にこだわりがあるにしてももう少し違う描き方があると思うんだが・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






図形を消すゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたいマウスクリックで決定。ゲーム中はz、x、c、スペースの各キーでカーソルの図形を切り替えて、白い同じ図形をクリックするとそれが消える。違う図形に触れるとミスとなりペナルティが発生。全ての図形を消せばクリアで次のステージがアンロックされる。セーブは自動で行われる。

難易度は低め。通常ステージであれば時間や残機の制限は無いので、まぁクリアするだけなら詰まるような場面は無いはず。雰囲気とかは割と良好で、ミニゲーム的な構成だけど結構楽しめたかな。また説明役の女の子が可愛いのも良い。EXステージは一応ある程度はプレイしたけど結局あきらめた。マウス操作であのミス1回までを10問連続突破というのはさすがに厳しくないですかね?もっと精密に動かせるマウスが手に入ればあるいはこれから挑戦するかもしれないが・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






幽霊を吹き飛ばすゲーム。

操作は左右キーでキャラの移動、zキーで弾発射、xキーでジャンプ、cキーで吹き飛ばし。幽霊に弾を当てて囲った後にそれを画面外に吹き飛ばすと加点。その際に降ってくるアイテムは白だと幽霊の出現増加、緑はゲージが上昇して溜まると点数の倍率が増加する。3分の制限時間内でハイスコアを目指す。

難易度は普通。最初のうちは幽霊に結構当たったりしてあまりスコアも伸びなかったけど、まぁ少し慣れれば溜めてからまとめて吹き飛ばしたりといったスコア狙いのプレイも楽しめるようになるかな。吹き飛ばすという独特のアイディアは面白く、プレイの感触もまずまず。ただ同じようにプレイしていてもスコアのばらつきが大きく、伸ばせるときとそうじゃない時の差がなんとなくわかりづらいという印象もあったかなぁ。現在の白と緑のレベルの表示なんかもあるとよかったかも。自分のハイスコアは899点でした。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆☆ ・ ・






東方キャラが活躍するゲームの2作目。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、zで決定と攻撃、xでキャンセルとメニュー、cキーで戦闘モードと移動モードの切り替え。前作と同じく東方のキャラや用語が出てくるアクションRPGとなっていて、基本的な戦闘部分やレベルアップ時に全回復する等の仕様も共通。ステージの奥にいるボスを倒して信仰を集めるのが目的になっている。

難易度は普通。自分はいきなりルナティックで始めたけどちょうど手応えのあるバランスだったかな。ステージごとの雑魚敵の強さとそれに伴う取得経験値の増え方等の数値は良く出来ているし、ボスの攻撃パターンなんかも多彩になっていて全体のボリュームも十分。またどのステージにも最初から行けるのでボスで負けた際に他のステージの宝を漁ったりできる点も良い。前作でもこの手のウディタARPGの中では完成度が高い方だと思ったけど、今回はそこからさらに進化しているね。

それから今作で導入された立ち絵の出来もかなり良好だし、東方のキャラクターも勢揃い(どれだけいるか知らんけど)という感じでそれぞれのイベントも面白く、二次創作ゲーとしてもこれまでプレイした中でトップクラスの出来。ややネタバレだけど最後のTRUE ENDまでしっかり楽しめましたよ。

あとはボスで負けた際の帰還が面倒な点はちょっと不満かな。ボス部屋にたどり着いた時点でワープ床を解放して、入り口からの行き来を自由にしてもらえるとよかったかも。それから開始時の難易度設定でそれぞれの差が小さい点も微妙で、現状のベリーイージーをイージー、ルナティックをハードにしてその上に2つ高難度を追加するぐらいでちょうどいいんじゃないかと思います。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]






  ☆☆☆ ・ ・








スロットマシンで遊ぶゲーム。

操作はマウスならボタンを左クリックで決定、右クリックでキャンセル、キーボードの場合上キーでベットとスタート、左下右キーでそれぞれのリールを止める、Ctrlキーで1回当たりの掛け金の変更。スロットをひたすらプレイするだけのゲームで、当たればそれに応じた配当が手に入る。資金が無くなるとゲームオーバーで初期の500に戻される。また資金以外にスコアの概念もあったりする。

難易度は低め。チェリーによる収入が比較的多いこともあって期待値はたぶん1以上あり、適当にやっていてもある程度は増やせると思う。ただその中でも当然はずれが続くこともあり、自分の場合5000に達した時点で100$に切り替えたらあっという間にゼロ近くまで減ったりしたし、その辺の緊張感とかは割と良く出来てるね。また数値設定やテンポなんかも比較的良好で、目押しをしなければほぼ完全な運ゲーなんだけど結構楽しめました。結局10万に達するまでプレイしましたわ。

あとは起動後のプレイ回数(たぶん)によってプレイ出来るマシンの種類が限定されるというのは不満。資金とかのセーブは出来るんだからそこもしっかり継続させてもらいたかったです。はい。スコアも別に無くてよかった気がする。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲーム、Flashゲームの感想と自作ゲーム制作日記のブログです。
ゲーム感想及び評価は完全に独断。最近は手当たり次第プレイして書いてる感じ。☆平均2.0ぐらい。
自作のほうはまぁFlash8でチマチマやってます。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
12 2018/01 02
S M T W T F S
5
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 アクセス解析 
 忍者アナライズ 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]