忍者ブログ
    



  ☆ ・ ・ ・ ・






ゆっくり会話する感じのゲーム。一応戦闘に勝つ必要があるのでジャンルはSLGで。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。基本はテキスト(ゆっくりボイス付き)を読み進めるだけのアドベンチャー形式だが、一部で自分で動き回ったり戦闘をする部分もあったりする。

難易度は低め。途中の戦闘は一応負けるとゲームオーバーで、相手が回復技を使ってくるので若干運も絡むかも。ゆっくりボイスも含めた穏やかな雰囲気は悪くないけど、ちょっと短すぎることもあって個人的にはあまり楽しめなかったかなぁ。同じキャラや世界観でエピソードが3~4本ぐらいあれば結構まともなゲームになった気はする。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR



  ☆☆ ・ ・ ・






工夫してボスを倒すゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘は基本システムに近いターン制だがボス戦のみで稼ぎの要素は無い。主人公の勇者に加えて8人いる仲間の中から2人を選び、それぞれの技を駆使して強敵に挑むような構成になっている。

難易度は普通。まぁこの手のウディタ製稼ぎ無しボス戦ゲームの中では平均的な難しさという感じかな。自分の場合ラスボス到達まで30分、そこから30分ぐらいでクリア出来たよ。キャラごとの特徴を活かして戦うのはそこそこ面白いけど、なんかパズル的な内容の割に試行錯誤感が薄いというかな、ひらめき頼りみたいな感じでちょっと物足りないゲームという印象もあったかも。個人的にはもう少し緩い(そのぶん選択肢も増える)方が好み・・・かな?


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






ゴーレムで敵を倒すゲーム。
 
操作は矢印キーで移動、zキーで決定と指令ビームの発射、xキーでキャンセルと召喚と必殺技と指令の解除、cキーで回復ビーム、dキーで自爆とか。ステージ内にある玉に指令ビームを当てた後xキーで数字分のコスト(左上の数字、時間経過で増加)を消費してゴーレムを召喚、それをまた指令で右側に送ると敵を自動で攻撃したりする。特定の敵を全て倒す等の目標を達成すればクリア。自分がやられるか左端に何体か到達されるとゲームオーバーとなる。セーブは自動で行われる。

難易度は低め。ゴーレムごとの強さの差が比較的大きく、その中で使えそうな奴を見極めていけばクリアは容易だと思う。こういうアクション寄りの攻防系SLGは割と好みだしシステムの出来はまずまずだけど、強いゴーレムを使えば簡単にゴリ押し出来ちゃう(時々自機に流れ弾が当たって死ぬけど)ので個人的にはちょっと物足りないという印象もあったかなぁ。出来れば何か特殊な敵に対して普段使わないゴーレムの能力で応戦、みたいな使い分ける部分が欲しかった気がするよ。

あとは細かい点だけど、ステージ選択画面の手前で「はい/いいえ」の選択肢が毎回表示されるのはちょっと不満。このゲームに限らず「はい」を選んだ後にキャンセルキーですぐ戻れるなら何度も選択させるのは邪魔に感じるわ。
 
 
     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・






リア充を駆逐するゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘はRPG風で基本システムに近い感じ。街中にいるキャラチップに触れると戦闘となり、全て倒すのが目的なんだと思う。

難易度は、まぁボス手前までなら低め。自機のステータスは最初からかなり高いので苦戦する場面はあまり無いんじゃないかな。敵はステージごとに完全に能力が固定で戦闘はかなり単調だし、またグラフィック素材の使い方なんかもイマイチで全体的に出来は微妙。

そしてこのゲームはボスが強すぎるのも難点、というか自分の場合10回ほど戦って一度も半分すら削れず、結局Editorからゲームを開いて敵ステータスを弄るといういわゆるチートでクリアしました。一応敵は攻撃を外すこともあるので運次第では勝てるんだろうけど、ちょっとやる気になれなかったよ。やはりしっかり事前にテストプレイで倒せることを確認するか、あるいは他に倒す手段があるならそれをわかりやすく提示してもらいたかったわ。

あとついでに、こういう詰んだ原因がわかりやすい場面はプレイヤー側がEditorを使うことで回避することも可能だったりするので、制作初心者の方はDataフォルダを暗号化せずに公開してくれると助かったりします。まぁここで書いてもあんまり意味ないと思うけど。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






敵を料理して振る舞うゲーム。ジャンルは微妙だけど戦闘回数の制限が厳しいのとグッドエンドには強敵撃破が必須(たぶん)なのでSLG戦闘にしてみたよ。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘はシンボルエンカウントのターン制で基本システムに近い感じ。まず自宅からフィールドを選んで戦闘を行い5回戦うと帰還、その後倒した敵を材料にして料理を作り2人いる攻略キャラのどちらかに振る舞うとイベントが発生して1日が経過する。5日間で終了となり、それまで行動によってエンディングが分岐したりする。

難易度は普通。戦闘自体は難しくないが、グッドエンドを見るためには相手の好みに合わせた料理を作る必要があり、それなりの試行回数は必要になると思う。この戦闘に関してはやや物足りなかった(ラッシュが強すぎる)けど、まぁテキストやグラフィック周りの出来はまずまずでそれなりに楽しめたかな。個人的にはクーベルルートが割と好みだったわ。

あとはCGモード的な物が無いのはやや不満。プラリーネちゃんもせっかくスタイル良いのにほとんど首しか見れないのはもったいない。ちなみに一応自力で5つエンドを見ました。最後に残った幼馴染エンドは公式サイトの攻略を見て回収したよ。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・






村人に乱暴するゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘は一部でランダムエンカウントもあるがほぼイベント戦のみで、ターン制の基本システムに近い形式。またマップはサンプルゲームの物をそのまま使っている。

難易度は低い。プレイすればわかるけど敵とのステータス差が非常に大きく、わざと負けるのもかなり難しいんじゃないかと思うよ。このゲーム性の微妙さに加えて主人公たちのセリフは非常に粗暴で、個人的には全然楽しめませんでした。はい。あとネタバレだけど、エンディングはあの死亡トゥルーエンドしかないのかね?せめてもうちょい作中にお菓子ネタを絡めてほしかったわ。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆☆ ・ ・






悪者を殲滅するゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー、cキーで一部アイテムの仕様とか。一画面のマップを探索して悪者を全て倒すのが目的。戦闘はイベント戦のみで、ターン制で基本システムに近い構成。またHPの他にBPという値があり、歩いたり行動するごとに減ってこれがゼロになってもゲームオーバーとなる。

難易度は普通。敵はかなり強く、しっかり情報を集めた上で適切な順番で戦い、また相手の弱点を上手く突く必要がある。全体的に規模は小さく試行錯誤は比較的容易で、また敵ごとの特徴づけなんかも面白く、このバランスは良く出来ていると思う。また雰囲気も割と良好で全体的にテキストが読みやすいのも良いね。情報を一度聞いた後はそれをスルーすることでBPの消費が抑えられたりするのも面白い。

ちなみに自分の場合計1時間半ぐらいでトゥルーエンドも見れました。ややネタバレになるけど、こういう規模が小さめのゲームである程度慣れた後にハードモード的なプレイで別のエンドに行けるという構成は結構好きだわ。上手くまとまっている良作だと思います。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]



  ☆☆☆ ・ ・




ユニットを編成して戦うゲーム。
 
操作はマウスクリックで決定と進行。戦闘系のSLGゲームで、戦う相手を選んで6人のメンバーを決めると自動で戦闘が行われる。勝てば戦利品が手に入り、また進行部分のエリアで全て勝利するとボスが出現して勝てば次のステージに進む。チケットを消費して雇用を行うとランダムでキャラを入手、キャラが死んだ場合は資金を消費して復活させる。まぁ割と特殊な部分も多いけどチュートリアルが結構充実しているのでそれに従いながらプレイすれば問題ないはず。セーブは自動で行われる。

難易度は普通。それなりにレベルを上げつつ強いメンバーを加えつつ進んでいけばだいたい何とかなる程度。レベルは比較的上がりやすいしサクサクと戦闘が進む部分の感触は素晴らしく、ステージごとの敵の強さの上がり方なんかも良く出来てて調子よく進んでいる間は本当にハマるような楽しさがあるね。また反撃要素があるためサブパーティーが活躍したりする点も個人的には好み。それからキャラの顔グラフィックは割と良好で、テキストが読みやすい点も良い。

あとは死んだ際に資金が無いと復活できないというのは不満。自分の場合序盤で試しにセーブのバックアップを取って無謀な突撃をしたところ普通に全員死んで詰んだりしました。これはターン経過で復活とかの救済を入れるべきだと思う。また逆に終盤では一気に2億ぐらい資金が手に入ったこともあり、この辺のバランスはちょっとイマイチじゃないかね。それから仕様上仕方ないとはいえ序盤のエースだったキャラがどんどん使えなくなっていくのは悲しかったです。はい。資金方面の調整はもうちょい突き詰めてもらいたかった。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆ ・ ・ ・ ・









キャラを育成するゲーム。

操作はマウスクリック。行動からコマンドを選ぶとそれを実行、ステータスが増減して1週経過する。「次の大会」で表示される日数がゼロになると大会への参加が出来て、そこで勝つのがたぶん目的なんだと思う。ただ残念ながらこのゲームは大会の処理が明らかにおかしく、途中がエラーが出て終了しちゃうんだよなぁ。一応ステータスは上げられるし戦闘でのダメージにもそれが反映されているのでそれなりに機能はしているんだけどね、Read Meに未完成と書かれているとは言えちょっと今の段階では楽しむのは難しいか・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆☆ ・ ・






パンと共に戦うゲーム。
 
ウディタ製のゲームで操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー、cキーでダッシュ。戦闘はシンボルエンカウントのターン制で成長要素が無く、装備品によってステータスが大きく変動したり使えるコマンドが変化するのが特徴となっている。

難易度は普通。敵は雑魚、ボス共に強く、戦略を立てるとともにしっかり装備品をかき集めるのが重要になっている。成長要素が無いというのは個人的には残念に感じる部分もあるけど、その分探索して宝を見つける楽しさは大きいね。同作者の過去作品と同じくバランスは尖った部分が多いものの均衡は取れている感じで戦闘の手応えは良好。またボスはそれぞれ特徴があり、3人の役割分担を練り直して再挑戦したりするのも楽しかった。
 
それから雰囲気やテキスト面の出来も良い。同作者の過去作品と違ってマップチップやキャラチップはサンプル素材の流用だけど、もう最初の村だけでその辺に転がってる凡作とは明らかに格の違う出来になっているというかね、このセンスの良さは本当にすごいわ。むしろありふれた素材を使っている分違いが際立っているとも言える。

あとは全滅した際にお金が減るのはちょっと微妙かなぁ。まぁそれほど使う場面も無いんだけどちょっと萎える感じはあった。それからラスダンの構造がややわかりづらく、本来倒さなくていい裏ボス的な奴が必須ルートだと思い込んで倒すのに時間を使わされたのもちょっと不満でした。はい。まぁ今作も十分楽しめたけどね、もし次があるならその時はまたオリジナルのグラフィックで、可能ならピスタチオ辺りの再登場を期待したいな~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲームの感想がメインのブログです。
感想及び評価は完全に独断で手当たり次第根こそぎプレイしてガンガン書いてます。☆平均1.8ぐらい。目指せ1万本。
かつてはFlash8でゲーム制作も行っていました。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 最新コメント 
[09/11 1717181]
[09/11 りんりん]
[08/10 1717181]
[08/10 水橋空碧]
[08/08 1717181]
 最新記事 
(09/20)
(09/20)
(09/20)
(09/19)
(09/19)
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
08 2018/09 10
S M T W T F S
21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 アクセス解析 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]