忍者ブログ
    



  ☆☆☆ ・ ・






ユニットで敵を倒すゲームの2作目。

操作はマウスで、だいたい左クリック決定、右クリックキャンセル。5体のユニットの装備を選んで出撃、マップから赤くなっている地点をクリックするとキャラ同士の掛け合いの後に戦闘になる。戦闘はSRPGっぽい形式で、敵を全て倒すか特定の条件を達成できればステージクリア。母船がやられるとゲームオーバーだがペナルティは無い。また一部ステージでは略奪コマンドを成功させることでシナリオが進んだりする。

難易度は普通かな。初期装備ではさすがに厳しいが、ある程度強そうな装備を選べばだいたい何とかなりそう。ステージごとの敵の構成は結構バラエティに富んでいて、前作に続いてSRPGの戦術的な楽しさを手軽に味わえる良作だと思う。また画像の通りグラフィックの出来も良好で戦闘前後の掛け合いも楽しいね。あとは略奪のステージでは成功がランダム(たぶん)でやや面倒な印象もあったかな。成功率の表示なんかもあるとよかったかも。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR



  ☆ ・ ・ ・ ・






トーナメントで戦うゲーム。

操作はマウスクリック。キャラを育てて大会で優勝するのが目的で、プレイヤーに出来る事は毎年の育成方針の決定と装備品の変更、それから転生時の処理のみ。大会自体は勝手に進行する。大会はトーナメント形式で、基本は1対1の単純に体力を削り合う仕様。団体戦は3対3となり、2勝した方が勝ち上がりとなる。

難易度は普通ぐらい。まぁ運も絡むけど普通にやっていればそのうち勝てそうなバランスって感じかな。またグラフィックはまずまずでアイコンのアニメーションに関しては割と頑張っていると思う。ただこのゲームはとにかく時間が掛かるのが難点。自試合表示自動送りでプレイしてたけどまぁとにかくテンポが悪く、ながらプレイにも向かない感じで退屈だったよ。また自国の名前とキャラに必然性が無く、一覧で見た時にわかりづらいのも不満。

ちなみに自分は一応48年目で団体戦に優勝できました。この時は前年が中国だったので全く期待しておらず、目を離している間に勝っちゃってちょっと拍子抜けだったよ。はい。育成部分はともかく試合の見せ方に関してはもう少し工夫出来た気がするが・・・。アイコンコンプリートはあきらめました。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






ユニットで攻防するゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はマウスクリックで決定と列へのユニット配置、数字キーで配置するユニットの切り替え。ステージを選ぶと会話イベントの後に戦闘画面へ。敵のユニットが左から右に、自分の配置したユニットが右から左に移動し、同じ列でぶつかると自動で戦う。ユニットが倒されるか陣地に到達されると左上のゲージが減少し、先に相手のゲージを無くせば勝ち、こちらのゲージが無くなると負けとなる。ステージクリア時に入手するポイントでユニットを強化することも出来る。

難易度は低め。ユニットごとの相性に気を付ければ問題なく進める程度かな。自分の場合はステージ4ぐらいで負けてポイントを振って再挑戦したけど、それ以降は全くポイントを振らずに余裕を持って勝てた。なんか盛り上がらないまま最後まで行っちゃった感じもあったかなぁ。もっとモンスター的な敵専用ユニットを作るとか1つの列に集中して出してくるとか、そういう敵側の本気さみたいなものが欲しかったわ。

あとはグラフィックは独特の味があって良いね。またシナリオに応じて無理なくユニットが増える点や、それぞれのユニットのキャラ付けなんかも面白い。面白いだけにバランス調整が惜しかったよ。それから一応某ステージでの別シナリオみたいなのも見ました。セーブファイルをコピーしてポイントの振り方を工夫すれば割と普通に倒せるんじゃないかと思います。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






世界を回る感じのゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘はシンボルエンカウントのターン制で、行動のたびにAPという値を消費するのが特徴。またRPG風なシステムながら経験値やレベルアップの概念は無く、装備品を上手く組み合わせて戦う必要がある。

難易度は普通。一部で強い敵もいるけど、まぁ避けて進めば何とかなる程度だと思う。シナリオ自体は非常にあっさりしていて行かずに済むダンジョンも多く、なんか適当にプレイしてたら終わってしまったという印象だったかなぁ。レベルが無く装備品で強化したり行動力的な数値を管理したりというシステムは以前プレイした「翼の無い天使」に近いけど、こちらはやりこみ要素が充実されているにも関わらず全くハマりそうな感触が無かったよ。んー、まぁつまらなくはないけどね、個人的には普通にレベル上げさせてもらいたかったというのはある。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆☆ ・ ・ ・





カードっぽく対戦するゲーム。

操作はマウスクリックで、テキストを進めるアドベンチャー部分の合間に戦闘が挟まるような構成。戦闘ではユニットを召喚して戦い、相手のユニットを倒してその先の召喚者のHPをゼロにすれば勝ちとなる。召還できるユニットや使える魔法は毎回異なり、たぶんこの辺がカードゲーム的な感じになっているんだと思う。

難易度は普通。1回の戦闘は比較的短く再戦は容易なので、まぁカードの引きの運要素の部分も許容出来る感じになってるかな。もともとシナリオ重視っぽいゲームなのでふわっと戦って勝ったり負けたりってのは別にいいんだけど、デッキの確認が全くできないのはさすがに不満かなぁ。フェニックスとか一部の強いカードに関してはもっと説明が欲しかった気はする。あとはグラフィックは割と良好で女の子が可愛いのは良い。というか優花ちゃんの私服えっちすぎませんかね?

それから若干動作が不安定な部分があるのでそこは注意。セーブデータをロードした際に画面が真っ黒になった場合はsaveファイルの「DataImage」を「DataScript」に書き換えると上手く行ったりするかも。Scriptを覗いてみたところ真エンド的な物もあるみたいだけど、実はどこかで分岐したりするんだろうか。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]



  ☆ ・ ・ ・ ・




ユニットを率いて戦うゲーム。
 
操作はメニュー画面ではマウスクリックで決定。戦闘中は矢印キーで移動、cキーで魔法発動、xキーで妖精が複数いる場合の切り替え、Escキーでギブアップ。対戦相手を選び、それぞれの対戦ごとに使う妖精とデーモン(?)を決めて戦闘開始。以降はそれぞれのユニットがリアルタイムで戦い、敵の妖精を全て倒せば勝利。最終的に勝ち越せば次のステージがアンロックされて妖精が手に入ったりする。

難易度は普通。グラフィックの出来は良く、3Dのフィールド内でワラワラと戦うのは割と楽しいね。また妖精の周りのユニットが自動で守るような陣形になったりするシステムも面白い。ただいつの間にか差がついている場面が多くて戦闘の手応えはイマイチだったかなぁ。なんか工夫する気がしないような感じだったわ。もっと自分で強化できるような仕様にしてもらいたかったかも。全てパーフェクトで裏ステージ出現みたいな情報も見かけたけどそこまでやりこむ気にはなれませんでした。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






姫を守りつつボスを倒したりするゲームの4作目。
 
ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定xキャンセルとメニュー。今回は前作までと舞台が変わって登場人物が一新された。基本はRPG的な感じだが成長要素は無く、ダンジョンに潜ってボスを倒してまた次のダンジョンへ、という構成。戦闘時に姫は勝手に行動してプレイヤーは指示が出せない他、残り3人は★のついたコマンドを選ぶと次のターンは選択できる行動が変わったりする。

難易度は低め。ボスはいずれもそれほど強くなく、割とスムーズにプレイ出来た。付属のどうしても~ファイルには攻略法が書いてあるけど、そのやり方にたどり着かなくても問題なく倒せる程度だと思う。今回は回復アイテムが使える分難易度が下がってるのかな。雑魚敵はボスに比べると強すぎるという印象もあったけどまぁ逃げればいいだけなのであまり気にならず。スタイルに関してはあまり機能していなかったかなぁ。

あとは姫が可愛いという点は素晴らしい。わがままなお姫様となると結構クソガキみたいなのがフリーゲームでも多かったりするんだけどフレアちゃんは全然そんな感じじゃ無いし、戦闘中の勝手な行動も愛嬌があるというかね、何か許せちゃうような、ストレス無くプレイ出来るようにキャラ立てさせているのはさすがはLivryl氏。戦闘の手応えが薄かったので☆は2だけどおまけまで含めてしっかり楽しめました。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






機械に乗って戦うゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、zキーで決定、xでキャンセルとメニュー。ウォーカーというロボットに乗ってミッションをこなしていく。戦闘はデフォルトのRPGっぽい形式で攻撃によって銃弾を消費するのが特徴。経験値の概念は無く、機体は資金を使って強化したりする。

難易度は低め。味方の装備は最初からある程度強く、闘技場を除いて負けるような局面はほとんど無かったかな。ロボットで戦う点は独特で、また全体に漂うナンセンス且つバイオレンスな雰囲気はこの作者らしくて良いね。あとはシナリオが中途半端だったり属性がわかりにくかったりするけど、まぁこれもらしさなので仕方ない所。ステージ型のRPG風ゲームとしてはまずまずの出来だと思います。はい。この作者の特色を活かした長編RPGとかもプレイしたくなるが・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・






戦うたびにレベルが下がるゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘はシンボルエンカウントのターン制でデフォルトに近い仕様だが、普通のRPGとは逆に戦闘ごとにレベルが下がるというのが特徴になっている。

難易度は普通。適当にプレイするとクリアは難しいと思うが、村人に話しかけたりせず魔王に向かえばレベル25前後でたどり着けるのであとは乱数次第で倒せると思う。このゲームはイベントがあまり機能していないのが残念だね。レベルが下がるだけで何かもらえたりするわけじゃないからなぁ、このゲーム特有のレベルが下がる仕様による面白さは全く感じられなかったよ。あとreadmeにあるED3についてもよくわかりませんでした。はい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]






  ☆☆ ・ ・ ・








沸いてくる勇者を倒すゲーム。
 
操作はマウスクリックで、画面下部から手下を呼び出して選択した後4か所ある洞窟をクリックするとそこにワープする。以降は自動で動き、勇者と隣接するとそれを倒してHPが減少。中央の強制帰還ボタンを押すとHP全回復で自陣の城に戻る。魔王のHPがゼロになるとゲームオーバー。手に入れたMPをキャラや城のレベルアップに使うことで次回は強化された状態でスタートが出来る。また画面右上からスピードの変更も可能。
 
難易度は普通ぐらいかな。時間経過に伴う敵の強さの上昇はちょうどいい程度だと思う。また帰還システムも上手く機能していて自動で動く中でタイミングや優先順位を見極める部分も面白い。ただこのゲームは自分側のインフレ度合いが低すぎるのが残念。スピード10倍でそれなりの回数プレイしてもなかなかレベルが上がらず記録も伸ばせないんだよなぁ。ここがもう少し順調に伸びて目標となる要素を次々に達成とか出来ればかなりハマるゲームになった可能性もありそうだけどね、もったいないわ。ちなみに自分のベストは211年でした。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲーム、Flashゲームの感想と自作ゲーム制作日記のブログです。
ゲーム感想及び評価は完全に独断。最近は手当たり次第プレイして書いてる感じ。☆平均2.0ぐらい。
自作のほうはまぁFlash8でチマチマやってます。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 最新コメント 
[08/13 1717181]
[08/12 東方の名無しさん]
[04/19 1717181]
[04/18 シャム]
[01/15 1717181]
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
07 2017/08 09
S M T W T F S
17
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 アクセス解析 
 忍者アナライズ 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]