忍者ブログ
    



  ☆☆ ・ ・ ・






不思議な空間で戦闘するゲーム。
 
ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーでカーソル移動、z決定、xキャンセル。メニューのOrdealから対戦相手を選んで戦闘、ボスを倒すと次のレベルがアンロックされる。戦闘が完全に自動で進むのが特徴で、勝つために上手く装備を組み合わせるのが重要になっている。
 
難易度は低めかな。装備によるステータスの変動はわずかで、その小さな数字の中でちまちまと削り合う感触はまずまず。ただ一部でかなり強い装備というか必殺技があり、それを使えばほとんど負けずに裏ボスまで行けちゃうためバランスはちょっと微妙だったかなぁ。まぁ1対1のRPG風自動戦闘としては割と完成されているとは思うけど、やはりどうしても自分でコマンドを出したくなっちゃうというのもある。世界観はかなり独特で、その辺が合う人はより楽しめるかもね~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR



  ☆☆ ・ ・ ・






レジスタンスとなって政府と戦うゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーでカーソル移動、z決定、xキャンセル。また通常画面でcキーを押すとカーソルが「次の日へ」に移動する。1日1回メンバーに命令を出して日付を進めていくのが基本。戦闘訓練を選ぶとHPが減って経験値をゲット、武器研究では特定の武器の研究度を上げることで新たな武器を生産できるようになったりする。

またこのゲーム独自の要素として警戒度があり、これが高すぎると10日ごとの捜索で強制戦闘になるほか、出撃する際に自軍の警戒度が相手を上回らないと不利になったりする。このため命令のぎまん工作や装備品を工夫してコントロールする必要がある。出撃を選ぶとRPG風の戦闘になり、最終的に首相官邸で勝てばクリアとなる。

難易度は低めかな。まぁ急いで突っ込まずにじっくり訓練をして挑めばそれほど難しくはないと思う。警戒度の概念や新たな武器を研究する部分、それから出撃までに休息でHPを揃えないといけない点なんかはなかなか面白く、SLGとしてのバランスもまずまず。

ただ戦闘に関してはちょっと運の要素が強すぎて微妙だったかなぁ。特に戦車とかだと1発当たるかどうかでだいぶ戦況が変わったりするので、その辺は戦闘前の部分でコストを払っての制御とかができるようにしてもらいたかったかも。ちなみに自分は初回で評価100のベストエンドでした。1時間掛からずにクリアできる程度なので、暇な人は最速クリアを目指したりするのもいいかもね。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






HP1の勇者が魔王を倒すゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘は基本システムっぽい感じだがこのゲームは主人公のHPが常に1というのが特徴で、攻撃を受けないように上手く立ち回る必要がある。またフィールド上には毒沼や歩数制限のある床等もあったりする。

難易度は普通。自分は謎解きモードでプレイしたけど、まぁフィールドの謎解きに関しては程よい難しさだったかな。ただ1歩の操作ミスで即死となる場面も多くその辺のプレイ感覚は微妙。ボス戦もいちいち避ける技を使う必要があるなどこちらも感触は悪く、HP1という設定は残念ながらあまり面白さに繋がってなかった気がする。
 
あとはテキストや雰囲気方面は同作者のザ・大会に続いて良好。ネタバレだけど魔王とのやり取りなんかは面白く、ゲーム部分だけなら☆1レベルだったんだけどね、その辺のギャグの出来とかで評価が上がった感じ。これで普通のHPを上げながら進むRPG的な構成なら結構な良作になりそうだけどな~。あっ、ラスボスに関しては結局炎をかわす方法がわからず付属の攻略テキストを見て突破しました。戦闘モードで改めてプレイする気にはなれず。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]





  ☆☆ ・ ・ ・






戦闘を繰り返すゲーム。

操作はマウスクリックで、大会からランク戦に出場しコマンドを選んで戦闘するのが基本。勝つと経験値と資金を入手、負けると所持金が半分になる。強くなったらチャンプ戦に挑戦し、最終的に最後のチャンプ戦に勝てばクリアとなる。セーブは自動で行われる。

難易度は普通ぐらい。敵はそこそこ強くあっさり負けたりすることも結構あるけど、まぁ低いレベルでじっくり育てたりする感覚は悪くないね。また攻撃と魔法のバランスなんかも割と良く出来てると思う。ただ中盤以降はちょっとレベルの上がり方が遅い感じはあったかな。結局戦闘は同じことの繰り返しなのでレベル50ぐらいで飽きてしまい、あとはテレビを見ながらとかでダラダラとプレイしてなんとかチャンプを撃破しました。んー、まぁシンプルなゲームなので仕方ない部分はあるけどね、ちょっと残念だったかな。

ちなみにこのゲームには裏技があり、それを使えば結構楽に攻略できちゃったりします。以下伏せ字。ある程度資金が溜まったらそれを全額つぎ込んで鍛冶屋で超威力重視で武器作成。それを武器屋に持って行くと製作費より高く売れてしまう。これを繰り返せばあっという間に攻撃力1万以上の武器が作れるぞ!!


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 H2O



  ☆ ・ ・ ・ ・






精霊と連戦するゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘は基本システムに近い感じのターン制で、固定敵の精霊と戦う。難易度は普通程度で戦闘の手応えは無くはないが、相手はHPが減ると変身、さらにその内容もループしていて終わりが無く、本当にただひたすら戦って飽きたら×ボタンで終了という構成で個人的には全く楽しめなかったよ。バカゲーにしてももう少しプレイヤーが達成感を得られるようなシステムに出来なかったものか・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






半自動で戦闘するゲーム。
 
ウディタ製のゲームで操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー。戦闘は基本システムに近い形だがこのゲームは自動でコマンド選択が行われるのが特徴。プレイヤーに出来るのは上下キーでのAttacker,Defender,Supporterの戦術変更と左右キーでの全力/節約の変更のみで、戦況に合わせてこれらを切り替えつつ戦う必要がある。戦闘に勝利しても得られるのはFolという数値のみで、経験値、お金、アイテムと言った要素は無い。

難易度は普通。敵は最初の雑魚からそこそこ強く、常に手応えのある戦闘が出来ると思う。まぁギリギリの攻防なんかは割と楽しいけど、自動ということでこちらの攻撃が分散してなかなか相手を減らせないといった場面も多く、ちょっともやもやする感じはあった。またターン間のインターバルが無いため敵のターン終了間際の攻撃に対して次のターンで作戦変更が間に合わず立て直しづらかったりするのも微妙。やはりこの程度なら普通にコマンド選択で戦いたくなるかな~。

ちなみにネタバレだけど、自分の場合ラスボス手前までは適当に攻撃重視の運ゲー気味に戦ってたんだけど、ラスボスのみそれが全く通じず、結局超守備的な戦術で勝利しました。勝つまでに118ターンも掛かったよ・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆☆ ・ ・






海上で戦うゲームの3作目。

操作はマウスで、だいたい左クリックで決定、右クリックキャンセル。まず5体のユニットの装備を選び、マップの赤くなっているステージをクリックして戦闘開始。戦闘はSRPGのような構成で、味方の5体と母船の行動が終わると敵ユニットが行動する。敵を全て倒す等のステージごとの目標を達成できればクリア、味方の母船が倒されたりするとゲームオーバーとなる。

難易度は低め。前作まででプレイのコツを掴んでいれば問題なくクリア出来る程度だと思う。今作は面倒なザコが少ないこともあって手応えの点ではやや物足りなさも感じたけど、前作までよりも敵の初期配置に工夫があったりしてこれはこれで普通に楽しめました。またもちろんグラフィックやテキストの安定したレベルの高さは変わらず。戦闘に刺激が欲しいなら作中のセリフにある通り縛りプレイをしてみるのもいいかもね~。
 
 
     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆ ・ ・ ・ ・
 
 
 
 
 
 
ライフゲームっぽく生き残るゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はだいたいマウスクリックで決定。基本はいわゆるライフゲームで時間経過によってセルが増減したりする。このゲームはセルの隣接数ごとの生存/発生確率を開始時に指定できるのが特徴。また他の勢力と争う要素もあり、普通のライフゲームとは少し違う独特の動きになったりする。時間経過で文明力のゲージが溜まり、これが満タンになればクリア。ステージ4をクリアするのが目的になっている。

難易度は普通。過去の自分を超える必要もあってクリアにはある程度試行錯誤が必要だと思う。個人的にはあまり楽しいとは思えず。なんとなくライフゲームとしてもRTS(?)としても中途半端なゲームという印象だったかなぁ。数値を弄る楽しさはもっとありそうなんだけどね、ん~・・・。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






戦場で任務をこなすゲーム。
 
ウディタ製のゲームで、操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセル。戦闘はウディタの基本システムに近いが、銃火器を用いて戦うのが特徴。格納庫から出て出撃するを選ぶとミッションに突入し、奥に進んでボスを倒すとクリアで次のミッションに進む。レベルアップの概念は無いが資金を使っての改造が可能になっている。

難易度は普通。厳しい場面もあるけど割となんとかなると言った感じで、まぁこの作者らしい手応えかな。テキストはギャグもあって割と読みやすく、あまり戦場の悲惨さとかが無いのは個人的には好み。ちなみに途中の分岐で展開が分かれるけど自分は一応両方ともクリアしました。2周目に引き継ぎができるためスムーズに進められるのは良いね。あとはミッションごとにウォーカーを乗り換えるとかの戦略性がもう少しあるとよかったかな~。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]




  ☆☆ ・ ・ ・






ひたすら仲間を補助するゲーム。

ウディタ製のゲームで、操作はマウスクリック。ステージを選ぶと味方と敵が自動で戦い、プレイヤーは魔法を選んで味方キャラに使うことで補助を行う。MPが切れたら自分に魔力回復。敵を全て倒すと新たな敵が出現し、ROUNDを全てこなせばステージクリア。味方が全て倒されるとゲームオーバーとなる。 
 
難易度は低めかな。自分の場合はクリア後のチャレンジを除けば全て初見でパーフェクトクリア出来た。このヒーラーでの補助のみを行うというアイディアは面白く、敵の強さや状態異常の設定等のバランスも上手く調整されていて割と快適にプレイ出来ると思う。またヒーラーちゃんのイラストの可愛さも素晴らしいね。地味にギャラリーからゲームオーバーの絵が見られたりするのもうれしい点。
 
あとはステージの内容が固定で敵がそこまで強くない分物足りなさもあったかなぁ。こういうサクっと終われるゲームももちろん好きだけど、何かアップグレード的な要素があればもっと面白くなったんじゃないかという気もする。ちなみに自分のエンドレスでの最高は133でした。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲーム、Flashゲームの感想と自作ゲーム制作日記のブログです。
ゲーム感想及び評価は完全に独断。最近は手当たり次第プレイして書いてる感じ。☆平均2.0ぐらい。
自作のほうはまぁFlash8でチマチマやってます。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 最新コメント 
[08/13 1717181]
[08/12 東方の名無しさん]
[04/19 1717181]
[04/18 シャム]
[01/15 1717181]
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
09 2017/10 11
S M T W T F S
13
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 アクセス解析 
 忍者アナライズ 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]