忍者ブログ
    



  ☆☆☆☆ ・






ダンジョンを駆け回るゲーム。
 
ウディタ製のゲームで操作はだいたい矢印キーで移動、z決定、xキャンセルとメニュー、cキーで相談、shiftキーでダッシュ。戦闘はシンボルエンカウントで割とオーソドックスな構成。ダンジョンをひたすら探索するのがたぶん目的。セーブは開始地点の酒場の他、ダンジョン内にあるワープシンボルとセーブシンボルでのみ可能になっている。

このゲームの素晴らしい点はマップ構成の多彩さ。次から次へといろいろな場所を探索するような仕様で、場所ごとにBGMも含めて雰囲気ががらりと変わるのも面白いし、ダンジョン同士の繋がりが複数あって最初の遺跡を抜けた後は敵の強さと相談しながら進む場所を選べる点も良い。またシンボルエンカウントなので一部の中ボスを除いて敵を避ければどんどん先に行って宝箱を漁ったりできるのも面白く、この辺の構成はかなり完成度が高いと思う。

またテキストの出来も良好で、基本は味方キャラのマップごとの一言コメントしかないんだけどこれがまた味わい深いというかね、長く冒険を共にすることで愛着も湧くし、ちょっとした癒しとして上手く機能していたと思う。それから世界を救うとかじゃなくて、戻ろうと思えばいつでも戻れるような空間の中で欲求のままに探索を行う、みたいな設定も個人的には好みだったよ。

難易度は高め。敵は割と嫌らしい攻撃が多く、ピンチになって仕方なく逃げようとするも失敗して全滅、みたいな場面はそこそこ出てくると思う。もちろん強い場所に進んでうっかり敵に当たってしまい全滅ということも結構あるし、まぁある程度全滅とそれに伴うリトライを許容出来ないとクリアを目指すのは厳しいかもしれんね。

バランス的には場所ごとの敵の強さの傾斜の付け方とかボスの攻撃パターンなんかは良く出来ていて、装備を付け替えての再度の挑戦とかは割と楽しかったかな。また中盤以降に魔王降臨とかで雑魚を先制で一掃出来たりするのは爽快で、この戦闘のテンポの良さも特筆すべき点だと思う。

あとは中盤以降のレベルの上がりにくさは微妙かなぁ。前のレベルに対して1.25倍+8という計算式自体は悪くないと思うけど、ワープ2ページ目辺りからの敵の経験値はもう少し増やしてほしかった。それからネタバレだけどラスダンの構造は不満。他のダンジョンでは時々ヒントもあるわけだしね、ここにも何か用意してもらいたかった気はする。はい。これまでプレイしたウディタ製RPGの中ではトップクラスの出来なので、ストイックなRPGを求めるなら是非おすすめしたい。


     人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 プロフィール 
HN:
1717181
フリーゲーム、Flashゲームの感想と自作ゲーム制作日記のブログです。
ゲーム感想及び評価は完全に独断。最近は手当たり次第プレイして書いてる感じ。☆平均2.0ぐらい。
自作のほうはまぁFlash8でチマチマやってます。
 ブログ内検索 
 アーカイブ 
 メールフォーム 
 最新コメント 
[08/13 1717181]
[08/12 東方の名無しさん]
[04/19 1717181]
[04/18 シャム]
[01/15 1717181]
 P R 
 バーコード 
 カレンダー 
08 2017/09 10
S M T W T F S
8
24 25 26 27 28 29 30
 アクセス解析 
 忍者アナライズ 
 フリーエリア 
ブログパーツ

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]